爪が割れやすい場合や折れたり割れたりする原因や対処法とは?

爪の先が割れるというか折れたり欠けたりしやすい季節なのでしょうか冬になると爪のトラブルが起こりやすくなるような気がします。

ふとカルシウム不足が原因なのではと思って調べてみると勘違いされやすいのですが爪の場合はどうやら骨とは違ってカルシウムはあまり関係が無いようなのです!

スポンサードリンク

ただ季節的には冬は爪のトラブルは起こりやすい季節のように感じたのは正解だったようです。

爪が割れやすい原因とは

カルシウム不足が原因かと勘違いしていましたがどうやら不足しているのは他の栄養素のようです。

乾燥肌の人や貧血気味の人も爪が割れたり欠けたりするトラブルが起こり易いようです。

爪が健康的に成長するのに重要な栄養素はタンパク質です。

爪を構成する主な成分はケラチンというたんぱく質で爪が割れやすかったり表面の部分が欠けたりして二枚爪の状態になるのは必要な栄養素が不足したり血行が悪くて栄養が指先まで行き届かなかったり乾燥などが原因として考えられます。

仕事や家事などで洗剤などを使いながら長時間の水仕事などを頻繁にする場合なども洗剤や水によって爪が劣化して割れたり欠けやすくなることがあります。

マニキュアを頻繁に塗ったりする方も除光液が爪を弱くしたりネールアートや付け爪を剥がすリムーバーは爪に大きな負担をかけます。

爪の割れやすい人はケアや対処法が必要

肌と同じように爪が割れたり傷ついたりしやすい方はハンドクリームやトリートメントを使うなどして爪も乾燥によるうるおい不足を防ぐ必要があります。

スポンサードリンク

ネイル等を剥がすためのリムーバーや洗剤などを使用しての水仕事や家事の後は脂分が落ちて乾燥するのでそんな時には肌と同じように爪のお手入れをしてあげるだけでかなり効果的です。

爪に必要な栄養素で対処する食べると良い食品とは

爪の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質で動物性タンパク質が不足すると薄くなったり弱くなったりします。

爪は、爪半月の部分から伸び爪母から水分や栄養を供給されながら成長していきます。

見た目には1つに見えますが3層の薄い層の間に水分と脂肪を含んでいます。

ビタミンB2 細胞を活性化して丈夫な爪をつくります。

サバ、サンマ、イワシなどの青魚やうなぎ、レバー、納豆、卵に多く含まれています。

ビタミンB6 ケラチン生成に重要です。

マグロ、カツオ、鮭、レバー、にんにく、サバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれます。

ビタミンB7 爪の活発な成長や強度に関係します。

牛レバー、卵、牛乳、ヨーグルト、鮭、トマト、ほうれん草に多く含まれています。

ビタミンC 丈夫で健康的な爪にします。

柑橘類、イチゴ、キウイ、ブロッコリー、ピーマン、パセリなどに多く含まれています。

亜鉛 皮膚の新陳代謝をよくします。

牡蠣、牛肉、レバー、卵、煮干し、高野豆腐に多く含まれています。

普段はあまり感じたりしませんが爪がないと手や足先に力が入らなかったり陰ながら大事な働きをしてくれていることがわかりました。

爪の成長する速度は1日に0.1ミリ程度で完全に生え変わるまでには長い時間が必要です。

スポンサードリンク