バレンタイン自分チョコご褒美チョコ進化する女子のイベント

バレンタインで自分用にチョコを購入したり普段から頑張っている自分に対してのご褒美としてチョコを贈るケースが年々進化増強されているようです。

もともと甘いものがお好きな女子からしてみれば誰かに贈る品物を選んだりするだけでも楽しいのですが全部配ってしまうとふと自分の分がないことを再認識する訳で自分のためのチョコレートが欲しくなるのでしょうね。

スポンサードリンク

バレンタインなるイベントが日本で始まってからすでに50年以上の歳月が流れ、意中の彼氏などがご不在のアラサーやアラフォーの女子からしてみれば恋や愛がテーマの一大イベントに参加しないのも寂しいものでしょう。

そんな心境の中で友チョコや逆チョコ、ファミチョコや自分チョコといった多様化が進んでいったのかも知れませんね。

バレンタイン自分用ご褒美チョコ

バレンタインのチョコレートは自分用が最も高級化!

某調査会社の回答結果に女性がチョコにかける予算のうち「自分用」が平均4000円に届きそうな勢いで最も高額で次に「本命チョコ」3300円、「義理チョコ」1300円と続くようです。

スポンサードリンク

日頃購入しないようなおいしくて高額なブランド品や有名なパティシエが製作したような限定品なども人気があるようです。
★素敵なご褒美チョコを見てみる!★

バレンタインの自分チョコ送る人がいない?

もちろん意中の男性がいない方もお見えになるとは思いますが会社関係で男性諸君に義理チョコを贈るのにわずらわしさを感じて関心自体が薄れたりしているのかも知れません。

「お返しとかはいいよー」と義理チョコをプレゼントしたとしても心のどこかに少し期待する自分が嫌であったり期待を裏切られること自体が心にダメージを残したりする心理的なものがあるのかも…。

バレンタインの自分チョコ流行の理由

年に1回の特別な日がポイントなのか従来型のバレンタインというイベントに飽きて新しい形を模索する始まりなのかも知れません。

自分用に高級なチョコをご褒美として楽しむイベントに変わる日が近いのかも…。

スポンサードリンク