岐阜公園の桜のライトアップと駐車場の利用料金?屋台はあるの?

岐阜城がそびえたつ岐阜公園は美しい桜の花が見られる観光スポットとしても昔から愛されています。

お花見のシーズンには公園内から長良川左岸にかけて多くの方がお花見に集まってきます。

休憩場所やトイレ等にも困る事は無く小さなお子さん連れでもお花見が楽しめるスポットになっています。

スポンサーリンク

岐阜公園の桜のライトアップ

桜の開花シーズンにはたくさんのピンクのぼんぼりが取り付けられて夜桜の美しさを増しています。

公園内の各エリアには外灯も設置されているのですが桜の下からライトアップしたような照明は設置されていませんがかえってその方が幻想的なぼんぼりの明かりに照らされて桜の美しさが際立って見えるのかも知れません。

桜の本数が多いエリアは日中友好庭園と長良川左岸で昼夜を問わずお花見の方で賑わいます。

 ライトアップの時間は昨年は午後22時頃まで行われていましたが夜間でも外灯はついていて24時間出入りも可能な公園となっています。 

この時期の夜間は冷え込みが強く服装には注意する必要がありますが遅い時間でも出入れでき休憩用のベンチなども設置されている場所があるので遅い時間帯には美しい夜桜を独り占めできる穴場スポットでもあります。

また昼間の時間帯はロープーウェイで金華山の山頂にある岐阜城に向かう事もできたり公園内の美術館や博物館も見学できるのでお花見デートのカップルにもおすすめのスポットです。

岐阜公園の桜の様子の動画です。

岐阜公園の駐車場の料金

岐阜公園でお花見をする時に使える駐車場は大きく分けると3ヶ所で第1堤外駐車場(143台)と第2堤外駐車場(36台)、鏡岩緑地の無料河川敷駐車場(279台)になります。

2つの堤外駐車場は1時間以内であれば無料なのですがそれを過ぎると1回300円の利用料金がかかります。

またお花見の時期には駐車場の営業時間が8時30分から21時までなので遅い時間まで公園を利用する場合には鏡岩緑地の無料河川敷駐車場(24時間利用可能)に車を駐車することになります。

スポンサーリンク

岐阜公園駐車場の詳細地図はこちらです。

岐阜駅方面から岐阜公園に向かう場合には柳ケ瀬を通り越し公園近くになってからも民間のコインパーキングはあるのですが地元の地理感が無い方には少しわかりにくいかも知れません。

岐阜公園内及び周辺の詳細地図と利用施設を旅ノートで見てみる

桜の見頃のシーズンは駐車場も混雑するので岐阜駅付近からバスを利用する方も多いようです。
※週末は昼前に満車になる事が多々あります。

岐阜公園の桜と屋台

岐阜公園の桜のシーズンには数が少ないですが屋台も出店されます。

昨シーズンも7軒程度屋台が出店されていました。

但し公園内と言うよりは長良川にかかる長良橋を渡らずに橋の側道から北へ1本入った道路上になるので場所がわかりにくいかも知れません。

公園内には茶店などが数軒ありますが遅い時間までは営業していないので食べ物や飲み物は公園付近のコンビニなどで用意する必要があります。

桜の花も大事だけどたくさんの屋台が立ち並ぶお花見スポットは無いのかな?とお探しの方は各務原市の新境川の両岸に咲き誇る百十郎桜がおすすめです。

岐阜公園からは車で25~30分程度です。

各務原市にある新境川の百十郎桜の情報はこちらです。

まとめ

岐阜公園の桜のライトアップの時間は例年であれば22時頃位まで行われています。

岐阜公園付近の堤外駐車場には営業時間があるので遅い時間に利用する場合には鏡岩緑地の河川敷駐車場を利用するようにしましょう。

屋台も出店されますが数が少ないのでたくさんの屋台が出店されるお花見スポットをお探しの場合には各務原市の新境川の百十郎桜がおすすめです。

スポンサーリンク