御神酒はいつ飲む?飲めない時の処理や処分方法について!

神様から頂く御神酒はいつどのように飲むのが正しいのでしょうか?

神社に参拝したりご祈祷などを受けた時にお土産として頂く御神酒以外にも自宅の神棚にお供えした日本酒をお下がりとしていただく場合は御神酒という事になりますね。

また御神酒が飲めない時の処理や処分の方法についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

御神酒はいつ飲む?厄払いなどの場合は?

神社に安産祈願や厄払いなどで参拝しご祈祷を受けた時にお土産として頂く御神酒はいつ頃どのようにして飲むのが正しい作法なのかと悩む方もおられるようです。

要するに神様からの頂き物を間違った作法やタイミングで飲んだりした場合には願いが叶わなかったりバチが当たったりしないかと心配になる方がいらっしゃるという事です。

いつも参拝する神社の宮司さんにお話を伺う機会があったので尋ねてみました。

答えはいつ飲んでも良く参拝して祈願された人だけでなく家族などで分かち合って飲むのが良いそうなのです。

時々家に持ち帰って神棚にお供えして置くのが良いのですか?という質問があるそうなのです。

もちろんお供えしても構いませんがお下げしたらみんなで召し上がって下さいとの事でした。

 御神酒とは何なの? 

お酒は神前にお供えする神饌(しんせん)の中でも非常に重要な物でお供えする事により神様の霊力がお酒に宿ると考えられています。

神様の霊力が宿ったお酒は御神酒と呼ばれ古来より御神酒を飲む事により神様の御神徳を直接体内に取り込もうと考えたようです。

御神酒が飲めない人や妊婦さんの場合には?

神事に参加して直会(なおらい)で御神酒を頂いたり持ち帰った時にお酒が全く飲めない人はどうするのが良いのでしょうか?

直会の時は口をつけるだけで飲まなくても大丈夫です。

持ち帰った御神酒は料理に使ったり飲める人が集まった時にみんなで飲んでしまうのが良いでしょう。

安産祈願でもらった御神酒も妊婦さんの場合はお腹の赤ちゃんの事を考えると飲めないのでやはり口をつける位にして家族で飲んでしまっても大丈夫です。

スポンサードリンク

水天宮の御神酒はいつ飲む

関東の安産祈願で有名な水天宮では安産祈願のご祈祷を受けるとお土産に子宝犬の御神酒が入っています。

神社に問い合わせたところ実は子宝犬の御神酒もいつ飲んでも良いそうです。

いつ飲むものなのか迷ってしまうのは神社などで頂いたお守りやお札などは祈願が叶うまで持っていたり一定の期間が過ぎると神社に返納する習慣があるのでそれと混同してしまうのが原因なのかも知れませんね。

お酒には賞味期限があるので期限が過ぎないうちに頂くようにしましょう。

御神酒 処分方法

折角頂いた御神酒がどうしても飲めなかったりうっかり忘れていて気付いた時には賞味期限が切れていたというような場合に頂いた御神酒はどのように処分したら良いのでしょうか?

賞味期限が切れて飲めなくなったお酒は家や庭の周りにまいたりしてお清めにしても構いません。

流し台で流してしまうとバチが当たりそうな気もしますが忘れていてすみませんと感謝の気持ちがあれば問題ないそうです。

御神酒の入っていた空瓶も同様で各自治体の分別方法に従って処分すれば良いそうです。

 神棚にお供えした御神酒はどうする? 

こちらも同様に飲める方が飲んだりすれば良いそうです。

自宅にある神棚の神饌は米、水、塩が供えられることが多く朝にお供えして夕方になるとお下げするのが理想的なのだそうですが事情があって難しい場合には日にちを決めてお供えをする方も見えるそうです。

御神酒も毎日お供えしたりお下げするのが難しい場合は日にちを決め行うと良いそうです。

※神社では毎月1日と15日は月次祭(つきなみさい)の日になるのでこれに合わせてお供え物をする方もおみえです。

夏の暑い時期は傷んだりするので神棚が不浄にならないように注意したいものです。

まとめ

御神酒にはいつ飲むものとか飲むタイミングといった決まり事や作法はなく好きな時に自由に飲めばよく参拝者だけではなく家族や仲間で分かち合って飲むのが吉のようです。

お酒が飲めない場合には口をつけるだけにとどめ家の周りのお清めなどに使用しても大丈夫です。

御神酒の瓶の処分方法も住んでする地域の分別方法に従って捨てれば問題ありません。

スポンサードリンク