入間基地航空祭アクセスや駐車場で混雑を避ける効果的な来場方法!

日本で開催される航空祭の中でも屈指の混雑状況で有名な入間基地航空祭ですが都心からでも1時間程度でアクセスが可能で人気の高いブルーインパルスの展示飛行も行われる為にとても混雑します。

入間基地の航空祭に初めて出かけられる方や基地周辺の地理や土地勘のない人、他の都道府県から車などで来場される方の為に入間市役所に勤務するイベントや観光についての詳しいベテラン職員の方にアクセスや駐車場の確保で混雑を避ける方法を教えて頂きました。

スポンサードリンク

入間基地航空祭へのアクセスで混雑を避けるには?

 入間基地航空祭への電車のアクセスで混雑を避ける方法 

始発の電車を使って開門まで何時間も待てば混雑を避けられるという方も見えるようですが家族連れやカップルで航空祭を楽しんでみたいという方にとってはあまり現実的な作戦では無いような気がします。

入間基地の航空祭が人気で混雑するのは電車による交通の便が非常に良く西武池袋線に乗車すれば都心部からでもほんの40~50分程度で基地のすぐ正面まで電車が到着するという立地条件もその理由のひとつです。

都心部から西武池袋線で利用し稲荷山公園駅で降りれば会場はすぐ目の前です。

この西部池袋線は稲荷山公園駅を過ぎると3つの駅を経由し飯能駅が終点になっています。

もちろん西武池袋線の飯能駅から乗車して入間基地航空祭の最寄り駅である稲荷山公園駅に向かわれる方もたくさんいるのですが都心部から集まる来場者に比べるとその数はずっと少なくなる訳です。

 西武池袋線稲荷山公園駅から飯能駅までの駅順 

稲荷山公園駅(0.9km)→入間市駅(2.9km)→仏子駅(1.3km)→元加治駅(2.7km)→飯能駅

運行距離7.8kmで所要時間10分、運賃は180円です。

しかも飯能駅は西部池袋線の稲荷山公園駅へ向かう出発駅でもあるので座席に座れる確率も飛躍的に上がります。

もし満員で座れなかったとしても4つ目の駅で所要時間も10分なのでそれ程困難な事でもありません。

帰りもまた同様で関係者の方に詳しく伺うと航空ショーが終了すると同時に帰宅する方が駅に集中するので恐ろしい程の混雑状況が発生するそうですが都内に向かう電車に比べると飯能駅に向かう電車は混雑の解消が早いとの事。

都心部に戻られる方も座れるかどうかもわからない電車を何本も待つより一度、飯能駅へ向かい乗り換えをした方が座れる可能性も高く楽ちんなのではないかと思います。

ちなみに稲荷山公園駅から飯能駅までの運賃は180円です。

入間基地航空祭の駐車場でおすすめ

入間基地側で用意されているのは自転車や自動二輪車の為の駐輪場だけです。

入間基地の近隣以外から車を使って現地に集まる場合も入間市や狭山市の基地付近で駐車場やコインパーキングを探す方が多いので早朝から市内は車で大渋滞が起こります。

 土地勘もないのに車で基地に近づき過ぎるのは無謀です。 

入間基地の正式な住所は埼玉県狭山市稲荷山2-3なのですが基地の敷地は埼玉県狭山市と入間市の両方にまたがっています。

西部池袋線の稲荷山公園駅周辺にあるコインパーキングなど有料駐車場は数も少なく地理に詳しい地元の方や何度も航空祭に来場経験のある方に抑えられている可能性が高いので県外から来場する人にはおすすめできません。

やはりこの場合も付近の駅に近い場所で駐車場を確保しやすい能市駅周辺の駐車場がおすすめとなります。

スポンサードリンク

飯能駅付近の宿泊施設と駐車場を楽天トラベルで確認して見る

 入間基地への車のアクセスで混雑を回避する方法 

航空祭へのパーク&ライドで基地周辺まで車で来場したい場合の穴場となる狙い目はやはり埼玉県飯能駅周辺という事になります。

飯能駅周辺には宿泊施設もある事から航空祭の前日に宿泊して会場に向かうのも良いかも知れません。

飯能市の有名観光スポットを旅ノートで見てみる

 入間基地航空祭の来場者数 

入間市職員の方のお話だと入間基地航空祭の来場者数は過去には30万人を超えていたそうですがここ数年は減少傾向にあるそうです。

ちなみに2016年の来場者数は約13万人との発表で人数が減った理由は前日まで天候が悪く雨が降るかも知れないと予想されたためのようです。

入間基地航空祭の混雑の状況

入間基地航空祭が開催されるのは例年11月3日文化の日の祝日でこの日は晴れの日の特異日にもあたります。

入間基地の航空祭は雨が降りにくい日という事も手伝ってイベント好きの方にとっても予定がしやすい開催日でもある訳です。

また入間基地の航空祭にはアクロバット飛行が人気のブルーインパルスの展示飛行が毎回行われるので混雑する理由のひとつと言われています。

 入間基地航空祭で混雑が激しくなる時間帯は? 

入間基地の航空祭で最も混雑が激しくなるのは午前11時を過ぎた頃から正午過ぎでやはりブルーインパルスが見たくて会場に詰め掛けているようです。

稲荷山公園駅からエプロン入口で渋滞が起こるので混雑して動かない時は管制塔を目標に迂回して回り込む方が早いそうです。

地上展示で特に混雑するのはコックピット内が見学できるT-4と呼ばれる機体でブルーインパルスが使用するものと同一の機体です。

昼頃には1~2時間待ちの列ができるので到着したら早めに見学しておくのがポイントです。

広大な敷地ではあるものの基地内に数十万人の人が集まるので食事を購入する屋台やたくさん設置されているはずの簡易トイレも長蛇の列で午後からは30分から1時間待ちなんてことは普通に起こります。

食べ物や飲み物は事前に購入しておいて基地内に持ち込むようにするのがベストです。

何時間も並ばされるとそれだけで疲れてしまいますから…。

帰りは一斉に混雑するのでブルーインパルスのアクロバット飛行が終わる頃には駅に向かう人が増え始めるようです。

メインを見ないで帰るのは忍びないので帰りの混雑を避けるためにお土産物を扱うお店で時間を潰す作戦も考えられます。

もしくは駅を通り過ぎて稲荷山公園を散策したり併設されている狭山市立博物館を見学してから帰るのも良い方法かも知れません。

スポンサードリンク