脇のかゆみの原因と対策!腫れや湿疹も市販薬で治る?

脇のかゆみの原因とその対策について解説しています。腫れや湿疹などを伴った症状も市販薬

で治す事はできるのでしょうか?

人間の皮膚は掻くなどして刺激を加えるとヒスタミンという物質が分泌されてかゆみが増す

という悪循環に陥ってしまいます。

スポンサードリンク

脇のかゆみの原因

人間の脇の下は腕と胴体の間に位置し歩行したり手を使って作業する時も皮膚の摩擦が起こりやすく汗もかきやすい部分なので蒸れる事によって細菌なども繁殖しやすい為にちょっとした事でかゆみが生じやすい場所でもあります。

注意しないといけないのは痒くても掻かずになるべく我慢する事です。

皮膚に起こるかゆみは細胞から分泌されるヒスタミンという物質が関係していて掻くなどして刺激を与えるとヒスタミンの分泌量が増加して更にかゆみが増し我慢できないと言う悪循環に陥ってしまいます。

脇の下のかゆみの原因として多いのは?

 汗 

脇の下には汗腺が集中しているので他の部分に比べて汗をかきやすく時間の経過と共に雑菌が繁殖してかゆみや肌荒れが起こり易くなります。

脇汗をこまめに拭き取るか脇汗シートのような物を利用し風通しの良い素材の服を着用するのが望ましいです。

 制汗剤 

脇の下から出る汗を止めるのに使用する制汗剤がかゆみの原因となる場合もあるようです。

制汗剤は汗腺を塞ぐことによって汗や皮脂の分泌を止めて雑菌により発生する臭いを防ぐ成分も含まれています。

制汗剤に含まれている成分が肌に合わないとかぶれたりしてかゆみの原因になるケースもあります。

 乾燥 

空調システムが年中稼働する現在は夏以外に冬でも汗をかく可能性があります。

汗が蒸発する時に皮膚の表皮から水分を奪い取ることで肌は通常より乾燥します。

人の肌は乾燥すると外部からの刺激を受けやすくそれがかゆみにつながる事があります。

乾燥から肌を守るためにいつもより皮脂の分泌が促進され雑菌の繁殖にもつながります。

 脂漏性皮膚炎 

体の中でも皮脂が多く分泌される部分に起きやすく脇の下や頭、顔などでかゆみを引き起こしかく事で腫れや赤みを帯びた湿疹などの症状が悪化します。

脇の下の皮膚の状態が悪化する事で人の皮膚に常在するマラセチア菌が増殖し患部の状態が更に悪化するケースも確認されています。

 アトピー性皮膚炎 

アトピーの症状がある方は皮膚がデリケートでバリア機能が弱いので汗などをかくだけでも刺激を受けてかゆみを感じてしまいます。

患部の炎症が治った後も黒ずみなど色素沈着の原因にもなるため医師の診察を受け症状が悪化しないように注意しましょう。

 カミソリによるムダ毛処理 

脇の下のムダ毛をカミソリで処理すると皮膚の表皮も傷つき乾燥や炎症などの症状が起きやすくなります。

ムダ毛だけを剃るつもりでも皮膚の表面もカミソリの刃によるダメージが蓄積して若いうちは大丈夫でも年齢と共に肌トラブルの原因になる可能性が高いです。

電動シェーバーを使用するなどして皮膚にかかる負担を少しでも軽減するように心がけて下さい。

※古くなったカミソリや浴室に保管したカミソリには雑菌が繁殖する場合があり炎症を引き起こす原因にもなります。

脇のかゆみの対策

脇の下は皮膚が薄くちょっとした事でもダメージを受けやすい部分です。

スポンサードリンク

しかも皮膚のトラブルはかゆみがあったり腫れや湿疹といった目に見える症状がある間は割とこまめにケアする人も多いのですが症状が改善されるとすぐ何もしなくなってしまいます。

女性の場合は化粧など普段から肌に対するケアをするのでよくご存知かと思いますが多くの皮膚トラブルは皮膚の乾燥が原因になっています。

普段から自身の肌に適した保湿剤を使用しこまめなお手入れをおすすめします。

皮膚へのダメージは知らないうちに蓄積されていく事が多く脇の下のかゆみや炎症に関しての体験談を伺ってみると学生時代や若い頃は経験しなかった症状を経験するようになった等、加齢に伴って症状の発生率も高くなっていきます。

 脂漏性皮膚炎のかゆみ対策 

脂漏性皮膚炎は皮膚からの過剰な皮脂の分泌により常在菌であるはずのマセラチア菌が異常に増殖して起きる皮膚炎です。

炎症によって皮膚の表皮がダメージを受けると外からの刺激に敏感に反応しかゆみを感じやすくなります。

皮膚をかくことでヒスタミンという物質が分泌され更にかゆみが増すという悪循環に陥ります。

抗菌作用のある石鹸を入浴時に使用する事で症状が軽減する場合もありますが専門の病院を受診するのが安心で塗り薬やかゆみを抑える内服薬を処方してくれます。

 アトピー性皮膚炎のかゆみ対策 

皮膚科の専門医に診てもらうのが一番のおすすめです。

アトピー性皮膚炎は元々アトピーの素因に加えて敏感肌の方が多くかゆみの原因となるアレルゲンを排除しないと完治が難しいとされています。

症状が一度起きると慢性化しやすく強いかゆみに悩まされ続ける事になります。

脇のかゆみは市販薬で治る?

脇の下のかゆみに即効性のある市販薬は数多く販売されていて飲むタイプの内服薬や患部に塗るタイプの市販薬まで様々です。

脇の下に限らずかゆみの症状をなるべく早く改善するにはかゆみを感じても掻いたりせずに即効性のある薬で症状を抑えてしまうのが得策です。

何度も繰り返してきましたが皮膚をかいたりして刺激する事で分泌されるヒスタミンはかゆみを増幅しアレルギー反応や炎症の介在物質として働くことが分かっています。

市販薬にも様々なタイプがありステロイドなどの成分が心配な方の場合には別の自然成分によりかゆみを素早く取り除く効果を持つ薬も販売されています。

脇の下は目立ちにくい場所ではありますが表皮の組織が薄く掻きむしるなどして皮膚を傷つけ皮膚が再生して治りかけで再びかゆみが再発し傷つけるを繰り返すと治った後も患部が黒ずんだり一生消えないような色素沈着を招く恐れもあります。

かゆみを感じたら速やかに薬を使って症状を改善するようにしてください。

脇の下のかゆみに効果の高い市販薬をアマゾンで見てみる

市販薬を使用しても症状が改善しない場合や腫れや湿疹などの症状に不安を感じる場合は医師や薬剤師の方に相談する事をおすすめします。

スポンサードリンク