便秘で腹痛や吐き気 冷や汗や頭痛等の症状を伴うケース

便秘がひどい場合、腹痛だけでなく吐き気や冷や汗、頭痛や発熱などの症状を伴う場合があります。

私の場合、娘が小学校の高学年の頃に2度の経験があり夜間診療している病院に夜中に診察を受けに行った記憶があります。

今思うと女の子なので便秘で体調が悪いと言えなかったのかもしれません。

スポンサードリンク

激しい腹痛とおう吐、額にはあぶら汗をかき頭痛と微熱のためか震えるようなしぐさも見られました。

病院で診察を受け処置をしていただき痛みや吐き気から解放された娘を見てホッとしたのを覚えています。

便秘で腹痛だけでなく吐き気や冷や汗を伴う

医師の説明によると便秘の状態が続くと当然、腸内に便が溜まった状態になります。

この状態で更に食事などをするとある一定のところまでは大丈夫でも食べた物が胃から腸に運ばれにくくなり胃の中で行き場をなくすことによって、吐き気をおこしたりするそうです。

また長い間、腸内に便があることによって、腐敗や有害なガスを発生させることがあります。

ガスは便通がないと腸内に充満し、腸を圧迫して腹痛や腰痛を引き起こす原因にもなります。

また血液中に有害なガスが吸収されてしまうとめまいや吐き気、頭痛や冷や汗といった症状を伴うことがあるそうなのです。

便秘での腹痛や吐き気を解消するには

便秘も経度のうちは良いかも知れませんがもし深刻であれば病院での受診をお勧めします。

吐き気を伴うということは腸内に有害なガスが発生している可能性もあり放置すると別の病気に発展することさえあるようです。

スポンサードリンク

軽度の場合は梅干しやリンゴなどが吐き気を抑えてくれる働きがあるようです。

薬が飲める状態であるなら胃薬を服用し様子を見ることも出来ます。

原因が便秘だとわかっていれば下剤や浣腸といった薬剤を使用し排便してすっきりすれば

腹痛や吐き気は驚くほど改善されます。

便秘に即効の食べ物

便秘に限らず食べ物や飲み物などの民間療法というのは個人差があります。

その上で即効性を求める場合、オリーブオイルを摂取すると効果があるケースがあるようです。

朝食の時に大さじ2杯~3杯摂取すると効果的なようですが直接飲むことが出来なければ塩や醤油等と混ぜてサラダ用のドレッシングとして使用したり目玉焼きやパスタなどを調理する時に使う油をオリーブオイルに変更します。

オリーブオイルに含有されているオレイン酸は、コレステロールを抑える働きや動脈硬化や高血圧などの予防にも効果的があり注目されています。

プーアール茶という中国由来のお茶がありますがこのお茶も腸内環境を整えてくれる働きがあります。

食べたり飲んだりするものは効果が穏やかに現れるものが多いようです。

腸内の蠕動運動が活発になる簡単な呼吸法や運動などを普段から取り入れてみるのも便秘解消には

とても効果的です。

スポンサードリンク