花粉症の対策で薬はいつからはじめる?病院での治療に関しては?

花粉症の対策として薬はいつから飲み始めるかについては毎年悩むことのひとつです。

必要がなければ出来るだけ薬は飲みたくはないのだけれど飲み始める時期が遅れると薬の本来の効果が得られなかったりするからです。

通常の病気などと違い花粉症は花粉に対するアレルギー反応なのでアレルギー反応が完全に表面化してしまってからでは薬の効果が出るまでに時間がかかったりして辛い思いをする時間も長くなってしまう訳です。

スポンサードリンク

その年によって花粉の飛散状況は変わりますがスギやヒノキの花粉飛散予測では年々増加傾向にあります。

花粉症の対策 薬はいつからはじめる

2月上旬には九州地方では花粉の飛散が始まっている年の方が多いです。

薬の効果が出始めるのにもタイムラグがありますから症状が重症化する方は必要ないのに飲みたくないという気持ちもわかりますが早めに服用を始めることをお勧めします。

1月中旬から遅くても下旬には薬を飲み始めるのが花粉症を軽い症状ですませる一つのポイントであると思います。

花粉症の対策 いつから病院へ行くのが良いのか

花粉症対策を病院で処方された薬で行いたい場合は1月初旬には診察を受けるようにした方がいろんな治療法の中から対策を検討できるはずです。

薬剤による治療法以外にもレーザー手術という方法があります。

アレルギー反応が起きる鼻の粘膜をレーザーで焼き、症状が出ないようにする治療法です。

スポンサードリンク

レーザー手術を行った治療は花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまりに対して効果がありますが一度手術をしたからといって永久に治癒するものでもなく花粉の飛散の多い日は薬を使用しなければならない場合もあるようですがその効果はかなり大きいものです。

薬の内服で眠気が出やすい方や車の運転などの業務について見える方、妊娠中の方や授乳のため薬を使用したくない方は検討する価値が十分あるでしょう。

花粉症に対するレーザー手術は花粉が本格的に飛散し始めてからでは本来の効果が期待できないようなので遅くても1月中旬までには病院の診察に行っておいた方が良いでしょう。

花粉症の対策 食べ物のヨーグルトに効果がある

新たな花粉症対策として専門家からも注目されているのがL-92乳酸菌

(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)という特別な乳酸菌で免疫をつかさどる細胞に働きかけ、抗アレルギー作用を引き出してくれることがいくつもの研究から明らかにされています。

実際にメーカーと専門家、ボランティアの患者さんによって実験も行われその効果は実証されているようです。

このヨーグルトも花粉の飛散が始める前から食べているとかなり効果が期待できるようなので検討してみると良いでしょう。

【カルピス 健康補助食品 アレルケア 60粒入りパウチ】カルピス 健康補助食品 アレルケア

スポンサードリンク