冬の夜中に授乳する時の暖房と赤ちゃんが快適な温度について

冬の夜中に赤ちゃんに授乳する時の暖房はスイッチを入れてすぐ暖かくなるものが適しています。

授乳する時になるべく照明をつけたりしなくても操作が出来るものが便利です。

電気を熱源にするハロゲンヒーターやカーボンヒーター、ホットカーペットなどはスイッチを入れてから暖まるまでの時間が短く音もしない為、夜間の授乳時の暖房機器としては適しているのではないでしょうか?

スポンサードリンク

夜中起きた時に寒くてつらいのでオイルヒーターをつけっぱなしにする方も中には見えるようです。

冬の夜中に授乳する時の暖房

ハロゲンやカーボンヒーターはスイッチを入れてすぐ暖かくなりコンパクトな物であれば価格も高くありません。

ホットカーペットもすぐ暖かくなりますがベットや布団の中で授乳する場合は使用できませんが抱っこして飲ませる場合座り込んで使用すると足元が暖かく快適です。

お母さんが風邪をひかないように起きたらすぐ羽織れるようなものを準備しておくことも必要です。

授乳用のインナーシャツのようなものを肌着に使えばおっぱいを上げるときにお腹出す必要もなく楽に授乳できます。

スポンサードリンク

冬の暖房の温度は赤ちゃんに合わせて

設定温度を18度から20度位までにして温度計や湿度計は赤ちゃんが寝ている場所の近くで
測定したほうが良いです。

エアコンやヒーターの向きにより温度は図る場所によって割と違うことが多いです。

赤ちゃんは基礎代謝が高いので大人よりも薄着ぐらいの方が良く寝るときには手足から熱を

放出して体温を下げたり眠った後も末梢の血管を収縮させたり拡張したりさせることで体温を調節しているといわれています。

さわった時に手足が冷たいと寒くないかと心配する方も見えますが大丈夫です。

逆に冬でも汗をかいたりするケースもあるので赤ちゃんの汗を背中でチェックしてあげましょう。

赤ちゃんの暖房は乾燥に注意

赤ちゃんは喉や鼻の粘膜がとても敏感で部屋を暖めすぎると乾燥によって咳やくしゃみが出やすいです。

皮膚が薄い赤ちゃんは、湿度が低いと肌がカサカサしてかゆくなるのか、かゆい部分をかいて傷にしたり

出血したりしてしまうこともあります。

暖房器具の使い過ぎで乾燥を防ぐために加湿器を使ったりストーブの上にやかん等をおいて加湿すると風邪などのウィルスは湿度に弱いので風邪を予防することにもつながります。

スポンサードリンク