お宮参りの初穂料の金額や相場とは?のし袋の名前の書き方について

赤ちゃんのお宮参りの時の初穂料の金額の相場やのし袋の名前や金額の書き方について

説明しています。

お宮参りをされる神社や住んで見える地域によっても僅かな違いは見受けられる

ようですが基本的には大きく変わりません。

スポンサードリンク

お宮参りの初穂料の金額や相場について

赤ちゃんのお宮参りでお納めする初穂料はお参りする神社によって違うことも

ありますが大体、5000円から1万円のところが多いようです。

中にはお志「おこころざしで結構です」とおっしゃる神社もあるようですが

その場合は5000円程お包みすれば良いと思います。

神社によっては受付で納付したりおみくじやお札をお受けする「お授け所や授与所」

という名前の建物で収める神社もあり特別に金額が決まっている場合にはいくら必要か

書いてありますのでそれに従って収めて下さい。

30年近く前に地元の神社でお宮参りをしましたがその時は3000円、初穂料を

収めた記憶がありますが今は5000円になっています。

お宮参りの初穂料の名前や金額の書き方

お宮参りで神社に初穂料を収めるときにのし袋を用意される方は紅白の蝶結びの

水引きのものを使用してください。

水引きの上の部分に「御初穂料」もしくは「初穂料」と書き下の部分には赤ちゃんの

名前をフルネームで書きます。

読み方が難しい名前の場合にはふりがなを書いておくと良いです。

お宮参り初穂料の書き方の画像です。

スポンサードリンク

お宮参り初穂料のし袋の中袋 名前や金額の書き方の画像です。

文字を書く時はボールペンを使うより筆ペンの方が良いと思いますが仏事に使う

筆ペンは薄墨になっているので間違って使わないように注意して下さい。

のし袋を用意し筆ペンで一生懸命、苦労して名前を記入しお宮参りに持参したのに

受付で袋から出してお納めくださいと言われる場合もあります。

大きな神社でお宮参りの方がたくさんいらっしゃったり他の神事と重なったりすると

受付が混み合って事務処理が遅くなる為にこのようなケースに遭遇することもあります。

七五三などの場合はお宮参りする時期や期間が短くて立て込むため受付で裸でお金を

収めることもあります。

お宮参りの当日、のし袋を忘れても神社の受付で用意しているところもあります。

また多くの場合、受付でご祈祷してもらう赤ちゃんやご両親の住所や名前を受付表に

記入することになります。

なぜ住所まで必要なのかというと神職の方がご祈祷するときに祝詞「のりと」を唱え

神様にお願いしていただくのですが神様に住所をお伝えするためなのです。

お宮参りの初穂料の渡し方や渡すタイミング

神社のよって違いがあるかもしれませんがお宮参りに行った神社の受付、神社によっては

お授け所や授与所という建物で最初に収めます。

もし違う場合でも神社の方で渡すタイミングなどは親切に教えていただけますので

心配はいりません。

事前に用意したのし袋は封をするために糊などで止めたほうが良いですかという質問が

ありますが封はしないほうが上記の理由により良いと思います。

スポンサードリンク