端午の節句の内祝い両親や親戚にはどうする?時期やのしの書き方

端午の節句の内祝いをご両親や親戚の方にどうするのが良いか悩んでいる方へ最近の傾向

や内祝いをお返しする時期、熨斗の書き方について説明しています。

古来、日本の風習として自分の家にお祝いごとやおめでたいことがあった場合にうれしい

喜ばしい気持ちを周りの方にもおすそ分けして一緒に祝ってもらおうと祝いの品

を配ったりしていました。

スポンサードリンク
おめでたいことがあるとお祝いをいただくよりも先に内祝いを配ったそうです。

時代や人とのかかわり方の変化とともにもらったお祝いに対するお返しの品

という認識や扱いが増えていって現在のような形になっていったようです。

考えてみるに先に内祝いをお配りするとお祝いを要求するようで気が引ける

という配慮がそのようにさせたのかもしれませんね。

端午の節句の内祝いは両親や親戚に対してはどうする?

乳幼児の死亡率が高った時代は桃の節句、端午の節句、初節句を無事に迎える

ことが出来たことに感謝しお祝いをしました。

初節句は生まれてきた赤ちゃんのお披露目の意味もあるので親戚も招いて

お祝いの宴を行ったようです。

お帰りの際には縁起物のかつお節や紅白のお餅、お砂糖などを手土産

としてお渡ししたようです。

そう言った経緯から近年でも初節句にお招きすることがいただいたお祝いに

対する返礼であるため、原則的にはお返しは不要とされる理由です。

遠方の親戚等お祝いにお招きしてもお見えになることが出来ずお祝いだけ

頂いたような場合はお子さんの名前を書いたのしをつけて内祝いの

スポンサードリンク

お返しをするようにしましょう。

頂いた金額の3分の1程度のお返しが良いでしょう。

核家族化が進みお嫁さんをもらった男性も実家で同居せず外へ出て

暮らしている場合や住宅事情から自宅でお祝いが出来ないような場合

もあって原則的に不要とされた内祝いも少しづつ変わりつつ

あるのかもしれません。

こいのぼりや五月人形、鎧兜などは高価なものも多く申し訳ない気持ちが

強い場合はお赤飯やお菓子、赤ちゃんの写真や名入れした記念品などを

贈答品として贈られる方も増えているようです。

気は使わなくていいよ、お金は使わないで持っていなさいとおっしゃる

ご両親も多いでしょうがご家庭の事情をふまえてお考えになられれば

良いと思います。

端午の節句の内祝い時期はいつまで?

お祝い事はなるべく遅くならないようにしたいものです。

5月5日はゴールデンウイークにもあたるためその前の週末にお祝いを

されるご家庭も多いようです。

お招きしてお見えになった方にはその当日、お見えにならなかった方には

基本的にはお祝いの日から

1週間以内に「内祝い」としてお届けできるようにしましょう。

端午の節句の内祝いのしの書き方

紅白の水引で蝶結びののし紙を使い熨斗の上には「内祝」「初節句内祝」

水引の下には「子供の名前のみ」を書きます。

読み間違えをしそうな漢字の子供さんや最近よく聞くきらきらネーム

という子供さんの場合はふりがなをふってこの機会に覚えて

いただけるといいですね。

宅急便などで送る場合の差出人は親の名前を記入してお届けしましょう。

スポンサードリンク