柏餅をこどもの日に食べる理由や由来とは?端午の節句になぜ食べる?

日本でこどもの日が制定されたのは1948年でそのこどもの日、端午の節句になぜ柏餅が

食べられるようになったのか?

子供の日に柏餅が食べられるようになった理由や由来について解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

柏餅の発祥や由来について

柏餅の発祥や由来についてはいくつかありますが柏餅がお菓子として食べられるようになったのは

江戸時代で徳川9代将軍の家重から十代将軍徳川家治の頃に参勤交代で日本全国に広まって

いったのではないかとされています。

端午の節句に柏餅を食べる文化は、江戸で育まれ育ったもので柏餅に用いる柏の木も

古来より、新しい芽が出てきて育つまでは古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄」や

「家系が絶えない」と縁起が良い神が宿る神聖な木とされてきました。

また柏餅の形は兜型ではまぐりの身のような形をしていて柏餅を作る時に餅に餡を入れて

たたむしぐさがまるで拍手を打つようであるため柏餅と名付けられたようです。

柏餅をこどもの日に食べる理由や意味とは

新芽が成長するまで元の葉っぱが落ちない性質にあやかろうとしたり元担ぎの意味合いが

スポンサードリンク

あったようです。

武家の世界では柏手を打って神仏のご加護をお願いする、武運の祈願は男子の節句、

つまり端午の節句にふさわしいと考えたのかもしれません。

宮中でも端午の節句には柏餅を食べる風習があり古来、宮中で行われる行事などが武士の社会でも

行われるようになりやがて普通の平民に広がっていくという流れがありました。

柏餅の餡の種類と代用される葉っぱ

柏餅の中に入れられるあんこはつぶあんやこしあんの他に味噌餡があると知って驚きました。

中部地方や九州地方にはみそあんで作られた柏餅は少ないようです。

私も初めて知りました。

白餡に味噌とみりんを混ぜて練り上げた餡で、甘さと味噌の塩気がマッチしてとてもおいしいそうです。

東北地方や東京を中心とした関東地方と、白味噌の食文化圍である京都や関西圏ではポピュラーなようです。

是非一度食べてみたいと思いました。

四国や近畿地方よりも西では柏の木が自生していない為サルトリイバラの山帰来(サンキライ)の

葉っぱを代用で使うことがあるようです。

スポンサードリンク