送別会のプレゼントはいつ渡す?タイミングと添える言葉やメッセージ

送別会の主役である送りだされる方も部署の移動や本支店間の移動、定年退職、転職の場合など幅が広いです。

会社や組織で送別会を行う場合、その多くが退職する当日以外の日に開催されるようです。

最後に出社される時なのか送別会を行う時なのかプレゼントや記念品を渡すタイミングとは?

スポンサードリンク
状況にもよりますが会社として行われる送別会は最後の出社日を迎える前に行われるケースの方が

多いようです。

送別会のプレゼントはいつ渡す?

先輩や後輩、同僚の送別会があるのでプレゼントを渡す予定なのですが送別会で渡すべきかそれとも

実際の異動する日までまだ数日間は仕事を一緒にするような場合に迷っているというケースもあります。

送別会の席が設けられているのであればその席でお渡ししたほうが良いでしょう。

会社として規定があり送別会を行わないようなケースであったりごく親しい方のみで贈られる場合は

最後の職場でお渡しするケースもあるでしょう。

送別会プレゼント渡すタイミングとは?

送別会でプレゼントを渡すタイミングについては、一般的には最後に退職される方から言葉をもらってから

スポンサードリンク

プレゼントを渡す訳ですが複数の方が見える場合は役職が上の方から挨拶をしていただき挨拶の前後に渡す

のが良いタイミングでしょう。

送別会のプレゼントを渡す時に添える言葉やメッセージ(例文)について

○○部長、長い間お世話に成りまして有り難う御座いました。

これからも御身体には気を付けられて益々のご活躍をお祈りいたしております。

これは○○部、○○課一同からの心ばかりの品物ですがどうぞお受け取り下さい。

お世話に成りました。

○○課長たいへんお世話になりました。

おかげ様で、いつも楽しいとても明るい雰囲気の職場でありました。

新しい部署に行かれてからも、公私にわたり益々ご活躍されますようお祈りします。

ありがとうございました。

○○部長、長年にわたりご尽力下さり誠にありがとうございました。○○一同、心からお礼申し上げます。

新たな人生への門出を祈念致します。

ありがとうございました。

部や課の会社の有志からの寄せ書きやメッセージはどんな場合でもとても心に響く贈り物になると思います。

スポンサードリンク