間食しても太らない時間帯はある?太りにくい食べ物やお菓子は何?

人間が食事やおやつからカロリーを摂取した時に太りやすい時間帯と太りにくい時間帯という物が存在する事が最近の研究によって解明されてきています。
はたして本当に間食しても太らないとか太りにくい時間帯というのは存在するのでしょうか?
間食しても太らなかったり太りにくいと考えられる時間帯や太らないお菓子や食べ物について解説しています。

スポンサードリンク

間食しても太らない時間帯はある?

間食しても太らない、太りにくい時間帯と言うのが存在しお昼の午後15時頃に(3時のおやつの時間)ピークを迎えます。

その逆に食べると太りやすい時間帯と言うのも存在し午後22時~午前2時は1日のうちで最も太りやすい時間帯と言われています。

人の体は様々なホルモンの影響を受けながらコントロールされています。

人の体内にはBMAL1(ビーマルワン)という体内に蓄積される脂肪を太陽に光を浴びる事により時間の経過によって調整するたんぱく質が存在します。

体内時計の働きを決定する遺伝子のひとつと考えられていて摂取した栄養を体内に脂肪細胞として蓄える酵素を増加させる働きがあり時間帯によって増減し夜間午後22時~午前2時が最も多く昼の午後15時前後に最も少なくなります。

つまり BMAL1(ビーマルワン)が血中に増加する時に食事を摂取すると栄養が体内に蓄積される可能性が高くなるという事です。

他にも人間は昼間は交感神経が活発化し夜になると副交感神経が優位になりますが体に蓄えた脂肪を分解するリパーゼという酵素は昼に活性化するので体に蓄えられた脂肪が分解され燃焼されやすくなります。

簡単に説明すると人間は基本的に夜行性ではなく太陽が昇ってから活動するので夜になってから摂取されたエネルギーは体に蓄えられ朝や昼に摂取されたエネルギーはすぐ使えるように処理されるという事です。

昼と夜を単純に比べてみるとBMAL1の量はなんと20倍で夜に食べると太りやすいという説の根拠ともされています。

 短期間で行うダイエットが成功しない理由 

若い頃に比べ最近お腹の周りの余分なお肉がどうも気になるという方は意外と多く食事の量が増えているという実感は全くないのに体重やウエスト周りの寸法が増加傾向で悩んでいる人はかなり多いのです。

体重を上手くコントロールしようとダイエットにチャレンジする方の多くが直面する課題が摂取カロリーの削減です。

思い立ったが吉日とダイエットにチャレンジされる方は多いのですがダイエットに関する知識や摂取するカロリーを少なく減らせば安易に痩せる事ができるという誤った知識がウエイトコントロールをより一層難しい課題にしているケースも少なく無いようです。

あなたの身の周りにも普段からたくさん食べているのにちっとも太らない人や自身の子供でダイエットとは無関心で毎日の食事の量は驚異的なのに全く太らない人と言うのが存在するのではないでしょうか?

この理由としてよく挙げられるのは遺伝や個人差といった抽象的で不明瞭な回答です。

ダイエットに悩んでいる方にとってはとても理不尽な現実なのですが同じ量や物を食べても太る人と太らない人が存在します。

例えば基礎体温(通常時の体温)が高い人は低い人に比べ体温を保つためにたくさんのカロリーが必要になるのですが特に運動してカロリーを消費しなくても体温維持だけで低い人に比べれば体が勝手にカロリーを消費してくれることになります。

人には体温や性別、毎日の運動量といった個人差も存在しその個体差を一定の期間はじっくり観察しながら対策を考えないとダイエットがうまくいかない事も多いのです。

また人間も生物なので意識的に食べないダイエットを行った場合には次第に無意識のうちに体の防御反応が働き体に入ってくる栄養素をすぐ使わずに体内に蓄えるように変化していきます。

ダイエットを成功させるには毎日決まった時間に体に栄養が供給され必要以上に体にエネルギーを蓄える必要は無いと認知させる事も重要です。

多くの人はダイエットを成功させる為や太らない為には何も食べないのがベストと考える傾向にあります。

スポンサードリンク

ただ人の体には個人差もあり適正な条件をクリアしない限り食べないダイエットは成功しません。

冷静に考えればわかる事なのですが何日間もエネルギーが摂取できないという事は生命にとっては死を意味します。

毎日定期的に生命を維持できるだけの栄養が安定的に供給されなければ消費されるエネルギーはエコノミーモードに変換され体内に蓄えられるし極力消費されるエネルギーは節約モードで消費され出来る限りカロリーを消費しないように体内に維持されるようになります。

こうした飢餓的状態を何度も繰り返す事により体は痩せにくい状態に変化していきます。

間食しても太らない食べ物

一般的に豆類や食物繊維を含む野菜、スルメ、ささみやこんにゃく、海藻類やきのこ等も低カロリーで太らない食べ物だとされています。

少し乱暴ですが低カロリーで食べるのにも時間がかかり消化するのにエネルギーがたくさん必要な食べ物は太りにくい食品であると考えられます。

まずどのような状態になると体重が増えていくのかを知っておく事が重要で食べた物は体内で消化されカロリーに変換されエネルギーとして消費されます。

人が日々生活する中で消費するカロリーは大きく分けて基礎代謝(約70%)と生活活動代謝(約30%)の2種類です。

 基礎代謝 

生命を維持するのに最低限必要なエネルギーで「体温の維持」「呼吸をする」「心臓から血液を循環する」「食べた物を内臓で消化吸収する」などの基礎的な代謝の事です。

 生活活動代謝 

歩いたり掃除や洗濯など体を動かすことにより消費される代謝の事です。

また食べた物を消化吸収するのに必要なエネルギーを食事誘導性熱代謝と呼びます。

食べ物のカロリーばかり意識して知っている人は意外と少ないのですが食べ物の種類によって消化されるのに必要なカロリーが違います。

・たんぱく質をエネルギーに変換するには全体の30%が消費される。

・糖質をエネルギーに変換するには全体の6%が消費される。

・脂質をエネルギーに変換するには全体の4%が消費される。

食べ物1gあたりから摂取されるカロリーはたんぱく質4kcal、炭水化物4kcal、脂質9kcalと考えられます。

※食品によって若干の差があります。

最近よく見かける糖質制限ダイエットはたんぱく質を多めに摂取して糖質の量を減らす事により消化するのに必要なカロリーでトータル的な摂取カロリー減らそうとする考え方のようです。

間食しても太らないお菓子

ダイエットしているのに間食でお菓子などを食べると罪悪感を感じると言う方もいるようですが最近の研究によると間食するのが太る原因ではなく夕食の時間が遅くなりがちで昼食を取ってから夕食までの時間が空き過ぎる人はお腹が空き過ぎてついドカ食いになってしまうのが原因なのだそうです。

そんな時は夕食までの間に200kcal程度までに抑えた間食をする事でおなかの空き過ぎによるドカ食いを防ぐ事が可能です。

コンビニ各社も時代の流れから1袋100~200kcal以内のお菓子のラインナップが充実しています。

1品のカロリーだけに注目せず噛み応えなどトータルの食べ応えがある商品は少量でも満足感が高く結果として摂取カロリーを低く抑える事も可能です。

長い目で見てカロリーが極端に低い食べ物を大量に食べるより栄養バランスの整ったお菓子を選択するのがおすすめです。

コンビニなどで販売されている間食におすすめの商品は最近各社が販売に力を入れています。

まとめ

間食しても太らない、太りにくい時間帯は午後15時頃にピークを迎えます。

豆類、食物繊維を含む野菜、スルメ、ささみ、こんにゃく、海藻類やきのこ等は低カロリーで太りにくい食べ物です。

コンビニ各社が間食用のお菓子の開発に力を入れていて食物繊維を含むローカロリーなお菓子が人気を集めています。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ