ドローイングの腹筋への効果と正しいやり方、腹回りのサイズ改善

ドローイングの腹筋への効果や正しいやり方について、短期間で腹回りのサイズダウン

が可能な方法について解説していきたいと思います。

通常のトレーニングやダイエット法ではなかなか効果が見られないお腹周りの筋肉に作用

しサイズダウンやダイエットを可能にします。

スポンサードリンク

ドローイングというのはお腹を引っ込めるてその状態を一定の時間維持し元に戻す動作を

繰り返すだけという簡単なダイエット方法です。

ドローイングの腹筋への効果

ドローインによって効果があるお腹周りの筋肉は腹横筋、腹斜筋、腹直筋、脊柱起立筋、

腸腰筋などで他のパーツ(部位)の筋肉と比べても総量的にも大きいのが特徴です。

総量が多い場所の筋肉が鍛えられれば当然、基礎代謝も上がり体脂肪も燃焼されやすい体

なっていく訳です。

腹筋をへこませることで内蔵や内臓脂肪が圧迫されて、体幹の形状が変わって安定します。

ドローイングすることでウェストのサイズが短期間に減少していきます。

・ウエストサイズの改善。

・腰痛にも効果がある。

・姿勢が改善され良くなります。

食事制限や激しい運動をしなくても短期間にウエストサイズを何センチもサイズダウン

することも可能である。

スポンサードリンク

ドローイングの腹筋のやり方

・息を深く吸い込み(この時お腹を意識的に大きく膨らませる)姿勢はまっすぐに、肩を少し

後ろへ引く感じで良い姿勢を意識します。

・息を止めながらおしりの穴を閉める感じです。

・お腹をへこませながらゆっくり息を吐きおへそを中心にお腹全体をへこませるイメージ。

・お腹を最大限にへこませたままの姿勢で30秒間キープします。

ドローイングの腹筋に効果的なやり方の動画です。

手足を大きく動かさなければ通勤中、電車やバス、赤信号の自動車停車中、テレビを見ながら

などわずかな時間も有効利用出来る訳です。

ドローイングで腹筋が割る

6つに割れた腹筋で通称「シックス・パック」と呼ばれる筋肉は引き締まった肉体の象徴的

な形を表しているように見えるのですが実は腹直筋自体は誰でも割れて存在しています。

腹筋が割れて見えるかどうかは、筋肉の発達具合と皮下脂肪の厚みの二つの要素で決まり腹筋

を鍛える運動で筋肉の凹凸を大きくし皮下脂肪を薄くすることにより腹筋がハッキリと割れて

見えるようになります。

スポンサードリンク