新入社員の自己紹介の例文や項目、社内報に記入時の注意点について

新入社員の自己紹介や例文、項目についての記載や社内報などに記載依頼があった場合の

注意事項について記載しています。

就職してまず求められるのは自身の事を他者に簡潔に伝える自己紹介ですが難しく考えず

何度も自己紹介する機会はありますので数を重ねてうまくなる位の心構えの方が

緊張しなくて良いものです。

スポンサードリンク
自己紹介する項目やポイントをいくつか決め誰かに尋ねられた時答えるようなつもりで

•笑顔で大きめな声。

•ゆっくりめに話す。

•姿勢と目線に注意する。

•長くなり過ぎないように伝えていきましょう。

新入社員の自己紹介の項目

・氏名(フルネーム)

・配属先

・専攻や専門分野

・抱負

・よろしくお願いしますなどの相手に対する〆の言葉

・出身地・趣味・特技などを時間調整などに盛り込むのも可

新入社員の自己紹介例文

「例1」

経理部に配属になりました「例文太郎」と申します。

太郎は太く朗らかと書きます。

社会人としての第一歩をこの会社で迎えられることを本当に嬉しく思っています。

業務に慣れないうちは何かとご迷惑をおかけすることもあると思いますがご指導のほど

スポンサードリンク

よろしくお願いします。

※同じ部署内での自己紹介の場合、配属先に触れる必要はありません。

「例 2」

このたび入社致しました「例文太郎」と申します。

配属先は営業部です。

学生時代、ずっと体育系の野球部に所属しておりました。

「悩むよりもまず行動してみる」がモットーでやる気と体力には自信があります。

早く仕事を覚えられるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

自己紹介で一番重要なのは名前と顔を覚えていただくことです。

氏名の漢字が難しい場合や間違えやすい場合そのことを自己紹介でふれればかなりの

確率で覚えていただけることでしょう。

新入社員の自己紹介文社内報など

事前に社内報で紹介するからと自己紹介の文章を頼まれる場合できれば今までの社内報を

見て前例を参考にしたいところです。

・テンプレート等がある場合は全ての項目を記入する。

・写真の添付が必要な場合はスーツ着用の写真が無難です。

自分の特技や趣味などを書く場合、会社の企業活動とどう関連付けるのか、

どんなメリットを与えることができるのかなどを意識して書くようにしましょう。

スポンサードリンク