ロタウイルス予防接種は必要?受けた方がいい?効果の持続期間は?

予防接種には無料で受けられる定期予防接種と希望者だけがお金を払って自費で受ける任意予防接種があります。ロタウイルスの予防接種は現在は希望者が自費で受ける任意の予防接種になっています。ロタウイルスの予防接種は必要で受けた方がいいのか?その効果や持続期間について解説しています。

スポンサードリンク

ロタウイルスの予防接種は必要?

ロタウイルスの予防接種は希望者だけが自費で受ける任意予防接種の扱いになっています。

定期予防接種ではなく任意なのだから実際にはあまり重要ではないのでは?と考えるお母さんもいるようです。

 ロタウイルスは死亡率が高くないので勘違いされやすい。 

ロタウイルスの発症は生後3~24ヶ月位までの乳幼児に多く(生後7~15ヶ月がピーク)冬から春にかけての寒い時期に流行します。

乳幼児の急性胃腸炎の中では特に重症化しやすく発病すると約1割の赤ちゃんが入院すると報告されています。

※5歳までにほとんどの子供が感染するとされていて種類もあって1度だけに限らず感染を繰り返す可能性もあります。

乳幼児が感染し重症化すると発熱し激しい嘔吐と下痢に襲われ長いと1週間近く症状が続きます。

食べ物や飲み物がとれないので脱水症状を起こして点滴を受け続けるケースもありますし痙攣や意識障害を起こして後遺症として麻痺が残る事もあります。

乳幼児に下痢や嘔吐が続き水分すら取れない状態を想像するとやはり予防接種は必要で受けておきたいと考えるお母さんが多いのもうなづけます。

子供の苦しむ姿は誰もが見たくない訳ですから。

重症化しやすいロタウイルス胃腸炎に必要な正しいワクチンの接種情報の動画です。

ロタウイルスの予防接種は受けた方がいい?

日本では任意予防接種になっているロタウイルスですがWHO(世界保健機関)は2009年6月に子どもの最重要ワクチンの一つに指定しています。

金額的な問題でロタウイルスの予防接種に悩むお母さんが多いのも事実です。

ロタウイルスの予防接種の金額と接種率や副作用についてはこちらです。

しかしロタウイルスはほとんどの子供が5歳までに感染し発症のピークは生後7~15ヶ月というデータもあります。

悪化すれば間違いなく入院する事になり乳幼児を一人で病院に入院させることは非常に難しくお母さんにとっても辛い選択になると思います。

赤ちゃんが入院すれば3~5日間は仕事に行くことも出来なくなります。

スポンサードリンク

将来的に保育園などに預けて仕事復帰を考える場合には更に予防接種は重要な意味を持つと考えられます。

またロタウイルスは接種期限が生後定められていて生後3ヶ月位までには1回目の予防接種を受ける必要があり接種後は28日経過するまで他の予防接種が受けられないのであらかじめスケジュールを立てておかないと混乱して慌てる事になってしまいます。

ロタウイルスの予防接種を受けるのを迷わせる大きな理由として生後2ヶ月になると様々な予防接種を受け始めますが病院によっては複数の同時接種を推奨していなかったりお母さんが同時接種に抵抗がありスケジュール的に無理になるケースがあります。

現在摂取されているロタウイルとのワクチン

 ロタリックス(1価・2回接種) 

流行して重症化しやすい1種類のロタウイルスを弱毒化したワクチンで交差免疫により他のロタウイルスにも有効性があります。

4週間の間隔を開けて2回接種します。遅くても生後14週と6日(生後3ヶ月半頃)までに第1回目の接種を受け生後24週(168日)までに2回目の接種を受ける必要があります。

 ロタテック(5価・3回接種) 

流行して重症化しやすいウイルス5種類を弱毒化したワクチンで 4週間の間隔を開けて3回接種します。

遅くても生後14週6日(生後3ヶ月半頃)までに第1回目の接種を受け生後32週(224日)までに接種を完了する必要があります。

ロタウイルスの予防接種の効果と持続する期間

ロタウイルスの予防接種の効果は少なくとも3年間は持続することが確認されています。

もちろん予防接種を受けていてもロタウイルス感染の可能性はありますが嘔吐や下痢などの症状を軽くしたり入院が必要な程の重症な状態を約90%も軽減できます。

その結果として脳炎など合併症も防ぎ麻痺が残るような症状を回避する事ができます。

ロタウイルスの予防接種を規定回数接種できなかった場合の効果

ロタリックス(2回接種)

1回接種で2回接種を完了した時の約80%の効果

ロタテック(3回接種)

1回接種で3回接種を完了した時の約50%の効果

2回接種で3回接種を完了した時の約80%の効果

スケジュールが合わないような場合でも全く予防接種を受けないよりは受けた方が効果はあるようです。

まとめ

日本では任意予防接種になっているロタウイルスですが乳幼児が感染すると重症化し入院する可能性のあるウイルスです。

5歳までにほとんどの子供が感染すると考えられています。

予防接種が行われるようになって入院などの重症な例が減少しているようです。

スポンサードリンク