部屋干しをエアコンで早く乾かす設定はドライ?電気代が安いのは?

雨の日は洗濯物が外に干せないのでどうしても部屋干しになりがちですが季節によっては干してから乾きにくいのでエアコンを利用する方も多いと思います。部屋干しでエアコンを利用する時に電気代が安く節約できる設定などについて解説しています。

スポンサードリンク

部屋干しを早く乾かすエアコンの設定

梅雨の時期だけに限らず雨降りなど天気の悪い日が続くと部屋干しした服の乾きも悪くなります。

部屋干しして乾くまでの時間が長くなると細菌が繁殖するので洗濯物から臭いがすることもあります。

こんな時に部屋干しした洗濯物を早く乾かすにはエアコンを利用すると良いのですがどのような設定で利用したら早く乾くのでしょうか?

実はエアコンについているドライ機能(除湿)を使うと洗濯物を早く乾かす事ができます。

 エアコンのドライと除湿の違い? 

メーカーによって呼び方が違うだけでドライと除湿は同じ機能です。

エアコンのドライ(除湿)機能には弱冷房除湿と再熱除湿の2つの種類があってエアコンのメーカーや種類によってはどちらか片方の機能だけの場合と両方の機能を切り替えられるエアコンがあります。

部屋干しのエアコンはドライが最適?

部屋干しする時にエアコンのドライを利用する場合は外気温が18度から43度(メーカーによって差があります)の状態で利用しないとエアコンは作動していても送風の状態になっているだけのケースもあります。

つまりエアコンのドライ機能は冬には使えない事が多いのです。

暖房運転を行いながらドライ機能が使用できるエアコンは無いので冬はエアコンと除湿器やサキュレーター併用すると部屋干しした洗濯物が早く乾きます。

風を送ってあげるだけでも乾きはかなり早くなります。

エアコンのドライ機能はどのように湿度を下げるのでしょうか?

スポンサードリンク

エアコンは部屋の湿度の高い空気を吸い込んで熱交換器で熱をうばって温度を下げますがこの時に空気に含まれる水分(湿気)も同時に取り除きます。

※空気に含まれる湿度は温度によって上限が異なり冷やされて低い温度になると空気中に含まれる湿度の量は少なくなります。

 弱冷房除湿 

湿度を取り除く為に冷やした空気をそのまま室内に戻します。弱い冷房をかけている様な状態です。

 再熱除湿 

湿度を取り除いた後の空気を温めてから室内に戻します。

エアコンのドライ機能は湿度を下げる為の機能で室内がじめじめしている時に使用しゆっくり空気を冷やす事で空気中の水分を結露させて取り除くのが「弱冷房除湿」空気を冷やして水分を取り除いた後にその空気を暖め直して部屋に戻すのが「再熱除湿」です。

部屋干しのエアコンの電気代が安いのは?

洗濯物を部屋干しする時に同一の条件で電気代が節約できるのは「弱冷房除湿」<「冷房」<「再熱除湿」の順番になります。

洗濯物を部屋干しする時は風を通るようにすると早く乾くのでエアコンの風が直接当たるような場所や別の場所からサキュレーターなどで風をあたるように洗濯物に送ってあげると早く乾きます。

冬は外気温が低くエアコンのドライ機能は使えないので暖房と除湿器を併用するか暖房とサキュレーターで風の流れを作る事で洗濯物を早く乾かす事が可能です。

まとめ

部屋干しの洗濯物をエアコンで乾かす時はドライがおすすめです。

エアコンの電気代も節約できる設定は「弱冷房除湿」<「冷房」<「再熱除湿」の順番になります。

冬は外気温が低いのでドライ機能は使えない場合も多いのですが暖房とサキュレーターを併用して洗濯物に風が当たるようにすると早く乾かす事が可能です。

スポンサードリンク