台所の大掃除の順番!換気扇やガスコンロの油汚れを落とすコツ

台所の大掃除のコツとして効率の良い順番について解説しています。換気扇やガスコンロの油汚れを簡単に落とすコツについてもまとめてみました。

スポンサードリンク

台所の大掃除の順番

 台所に限らず掃除をする時の効率が良い順番は「上から下」と「奥から入口へ」が基本 です。

ほこりは上から下に向かって落ちるので低い位置からきれいにしてもそれより高い場所を掃除するとほこりや汚れが落ちて二度手間になってしまいますし床にワックスなどをかける時も入口からかけたら乾くまで身動きがとれない状態になってしまいます。

台所の大掃除を効率よく終わらせるコツは高い場所から低い所へと順番に掃除をして行きます。

1.天井と照明器具

2.壁や換気扇

3.食器棚や冷蔵庫などの収納スペース

4.ガスコンロやオーブン

5.床

床や壁面の汚れを落とす時は目立たない場所に弱い洗剤を使用して大丈夫か確認してから使用するのがベストです。

金属以外の材質は直接洗剤をかけたりしないでスポンジや布に含ませて試しながら使用します。

台所の油汚れを落とすのに安くて効果的なのが重曹やセスキ炭酸ソーダです。

キッチンの中は油汚れが広がり易く油汚れは酸性の性質を持っているのでアルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダはとても効果的です。

但し収納スペースの白木の部分や畳や繊維素材のカーペットは染み込んで痕が残る可能性があります。

セスキ炭酸ソーダは水500㏄に対して小さじ1杯(5ml)程度を溶かしてスプレーに入れて使用すると便利です。

台所の大掃除で換気扇の汚れを落とすコツ

台所の中でも換気扇の汚れは普段から蓄積されて非常に頑固です。

換気扇にもプロペラタイプやシロッコファンなど様々な形式の換気扇がありますが基本は取り外せる物はすべて外して浸け置きするのが一番簡単な方法です。

浸け置きする時は重曹か更に強力なセスキ炭酸ソーダを40~50度のお湯に溶かして浸け置きした後にもし汚れが残るような場合には油汚れに強いマジックリンなどで仕上げをすると良いでしょう。

油汚れは浸け置きする温度が高い方が汚れも簡単に落ちますが大きな鍋などを利用してお湯を沸かす時にアルミ製の鍋や調理器具に重曹やセスキ炭酸ソーダを使用すると色が黒ずんでしまう事があるので注意して下さい。

換気扇のフィルターやシロッコファンの細かい羽根を掃除する時は使い古しの歯ブラシなどがあると便利です。

フードで覆われている内側の部分の拭いても落ちない汚れにはティッシュペーパーやトイレットペーパーを貼り付け洗剤をスプレーして浸け置きしている状態を作ります。

スポンサードリンク

スプレーを吹き付ける時に目に入らないように高い位置にスプレーする場合はゴーグルを使用するか布に洗剤を吹き付けた物で拭き取るようにします。

シロッコファンを使ったタイプの換気扇を分解して掃除する方法の動画です。

大掃除で台所のガスコンロをきれいにするコツ

台所の汚れのほとんどは付着した時すぐに水拭きしたりすれば落す事ができる汚れなのですが後回しに成り易く火を使う事によって頑固な焦げ付き汚れに変身していきます。

換気扇の時と同様で油のこびり付いた汚れは酸性の性質を持っているのでこれを落すにはアルカリの性質を持った洗剤を利用するのが効果的です。

酸性の性質を持った汚れをアルカリ性の洗剤で中和して汚れを浮き上がらせて落とす訳です。

ガスコンロの場合にも外せるパーツはなるべく外して浸け置き洗いがおすすめです。

五徳に付着した焦げ付き汚れは恐ろしく強力なので鍋に重曹やセスキ炭酸ソーダを入れてグツグツと炊き込んでからブラシで擦って汚れを落とします。

※アルミ製の鍋や調理器具を使用すると黒く変色する場合があります。

バーナー部分にも目詰まりが無いか確認しあればブラシをかけておきます。

取り外せない部分の汚れにはティッシュペーパーやトイレットペーパーを貼り付けてその上からセスキ炭酸ソーダの水溶液をスプレーして汚れが落ちにくい場合はラップなどをかぶせてドライヤーなどで温風を当てて温度をあげてしばらく放置すると落ち易くなります。

クレンザー等を併用すると傷が付きそうな箇所には歯磨き粉などを使用して使い古しの歯ブラシなどで擦ると良いでしょう。

歯磨き粉にも研磨剤は含まれていますがクレンザーやクリームクレンザーより柔らかい研磨剤が使用されているので傷が付きにくくなっています。

※セスキ炭酸ソーダは重曹よりも洗浄効果が高く手にも優しいのですが肌が弱い方は念のために手袋の着用をおすすめします。

まとめ

部屋を掃除する時のコツは上から下、奥から入口に向かって行うのが効率よく掃除する基本になります。

油汚れは酸性の性質を持っているのでこれを落すにはアルカリ性の性質を持っている物で中和して汚れを落としていくのが効果的です。

換気扇やガスコンロの汚れはとても頑固なので落ちにくい場合はお湯で浸け置き洗いを行い普段から汚れが付いたらすぐ拭き取る癖をつけると良いでしょう。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ