お歳暮ハムの美味しい食べ方!薄く切る方法と残りの保存方法

お歳暮にもらったハムの美味しい食べ方や薄く切る方法について解説しています。もらい過ぎて賞味期限を越えそうな場合や大きなハムの残りを保存する時の方法についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

お歳暮のハムの美味しい食べ方

生のまま切るだけでも食べられますが加熱調理する事でより一層美味しく食べられます。

 おすすめは厚切りの特製ハムステーキです。 

ハムには塩分が含まれているので味付けは薄めにした方が良いです。

コショーやブラックペッパーを軽く振ると味が引き立ちますし粒マスタードを添えたりケチャップにマヨネーズを少し混ぜ合わせた特製ソースもおすすめです。

私の場合はブラックペッパーを軽く振り両面を軽く焼いてから赤ワインやビールなどを少量注いで蓋をして蒸し焼きにし水分が飛んだところにバターを加えて醤油をほんの少し加えます。

ハムを焼く時はにんにくのスライスを2,3切れ加えてハムステーキにするとバターとにんにくや醤油が絶妙の香りで食欲をそそります。

お歳暮のハムが届くのは寒い時期なので厚めの切って鍋材やシチューに入れても美味しく食べられます。

鍋に入れて温まったところをポン酢で頂くのも合いますしシチューに入れる場合もあえて薄く切らずに厚めに存在感を残します。

シチューのほんのりした甘さと厚切りハムの薄くなった塩加減が絶妙です。

 ハムカツにしても絶品 

市販の物よりも厚めに切ってパン粉をつけてとんかつの様に揚げるだけです。

ケチャップにウスターソースを少し加え良く混ぜると濃厚なとんかつソースに早変わりです。

好みによってマスタードを添えると良いでしょう。

お歳暮がハムに偏って大量に使用したい場合は薄く切ってすき焼きなどにも利用できます。

 ハムですき焼き?と驚かれるかも知れませんが小さなお子さんにも大人気です。 

お歳暮のハムの詰め合わせに入っているソーセージはそのままボイルしたりフライパンで軽く炒めるとおいしさを増します。

時々見かける生ハムがくっついてうまく剥がれない時は常温になるまで放置すると簡単に剥がす事ができます。

しかも生ハムは冷たい状態よりも常温で食べた方が旨味が増加します。

お歳暮のハムを薄く切る方法

お歳暮でもらったハムを薄く切ってサンドイッチやサラダに使用したいけどうまく切りにくいという相談をされることがあります。

スポンサードリンク

市販されているサンドイッチ用の薄切りハムはスライサーという機械を使った薄切りです。

手切りで薄く切る場合は良く切れるように包丁を研いでから切り始めるのがポイントです。

包丁を持つ手に強く力を入れずに包丁を動かすストロークによってハムを切るイメージです。

どうしても難しい場合はハムを半冷凍にするか完全に凍らせてから半解凍の状態にして切ると割とうまく仕上がります。

但しハムやソーセージは一度冷凍すると解凍する時に素材の水分が分離して本来のうまさが損なわれる場合があるので冷凍する方法はあまりお勧めではありません。

ロースハムのブロックの切り方

ロースハムやベーコンのブロックは肉の繊維の方向をよく見て確認してから切るようにしましょう。

肉の繊維の流れに垂直に包丁を入れてカットすると素材が柔らかく感じられます。

肉や野菜も同様で繊維に対して垂直に切ると柔らかく同じ方向に切ると素材は硬く感じられます。

お歳暮のハムの保存方法

お歳暮用のハムの賞味期限は種類によっても違いますが割と長く設定されています。

一度に食べきれない場合は賞味期限が過ぎる前に冷凍しておくと良いでしょう。

ただし冷凍すると味が落ちるので食べ切れない場合以外は冷蔵で保存する事をおすすめします。

ハムが大きすぎる場合は一回で食べきれる量に小分けをしてラップで包みジップロックに入れて冷凍します。

スライスされた製品はパッケージのままで冷凍しましょう。

解凍する時は冷蔵庫で時間をかけて解凍します。

お歳暮のハム残りの保存方法

ハムが開封後に残った場合はハムの表面がなるべく空気に触れないようにラップで包み冷蔵庫に入れて保存します。

チルドやパーシャル室があればそこに保存する事をおすすめします。

パッケージ開封後の保存期間は2~3日が目安になるのでなるべく早く食べるように心がけましょう。

まとめ

お歳暮にいただいたハムの美味しい食べ方はハムステーキが一押しですが寒い時期なので鍋の材料や大きめに切ってシチューに入れたりすき焼きに入れても子供は喜びます。

ハムを薄く切る場合は良く切れる包丁で力を入れずに包丁を動かすストロークを使って切るようにするのがポイントです。

ハムを保存する場合は賞味期限を確認し出来るだけ冷蔵で保存するのがおすすめです。

スポンサードリンク