スプレー缶の処分の方法?新品や中身が残っている時の捨て方!

スプレー缶の処分の方法について解説しています。新品や中身が残っているスプレー缶の処理を誤り爆発事故や火災などが増加しているため自治体によってはスプレー缶は穴を開けずそのまま不燃物の日に廃棄しても良いというルールの市町村もあります。缶に穴を開けて処分する自治体の場合はスプレー缶をどのように処理したら良いのかわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

スプレー缶の処分の方法

穴あけ処理がされてないスプレー缶を回収したごみ収集車が爆発したりゴミの処分場が残っていたスプレー缶のガスに火が引火して火災が起きたなどの事故が相次ぎ以前はスプレー缶をゴミとして廃棄する場合には缶を空の状態にし穴を開けてガスが残っていない状態で捨てるよう指導がされていました。

屋外の風通しの良い場所でスプレー缶の穴あけ作業を行えば事故は防ぐことができるのですが家の中やキッチンの流し台など火の気があるところでガス抜き作業を行い爆発事故や火災でケガをする人が増加し自治体によってはスプレー缶に穴あけ作業を行わずそのまま廃棄するように指導する地域も増えています。

私が住む地域は今でもスプレー缶を処分する時は中身を空にして缶に穴を開けてから廃棄するように指導がされています。

不燃物の回収は月に1回でその日までは各家庭で保管しておく必要があります。

 注意したいのはスプレー缶の中身を使い切っておく事です。 

スプレー缶には内部に残っているガスを安全に排出するガス抜きキャップが装着されていて使い方が缶の横の部分に記載されています。

よくわからない場合にはこちらを参考にして下さい。

不燃物のごみ当番を行った時に缶スプレーに穴を開ける道具が無かったり若い女性などの場合は穴を開けるのが怖い等の理由でゴミの回収場にそのまま持って来られる方も見えます。

※自治体のごみ回収所には当番の人がいて通常は穴を開ける道具を持っていますのでどうしても出来ない場合は事情を説明して当番の方に助けを求めても良いのではないかと思います。

スポンサードリンク

スプレー缶の新品の処分

未使用のヘアスプレーや殺虫剤、ペンキなど新品のまま処分するにはどうしたら良いのでしょうか?

野外でスプレー缶の中身を噴射して使い切ってしまいます。

人の目が気になったり罪悪感がある場合はゴミ袋や段ボール箱にボロ布や新聞紙、トイレットペーパーを丸めそれに向かって噴射すると良いでしょう。

作業は必ず屋外で行い風がある場合は風上から風下に向かってスプレーを噴射します。

※ガスを吸い込まないようにマスクを用意しておきましょう。

上記の方法である程度使い切ってからガス抜きキャップを使用しても良いでしょう。

ペンキなど塗料は色が付いて取れなくなる事があるので作業する場所には注意しましょう。

スプレー塗料の処分方法の動画です。

スプレー缶の捨て方で中身がある場合は?

ガス抜きキャップを使っても中のガスが排出されずスプレー缶にまだ中身が残っている場合は缶に穴を開けて中身を出してしまいます。

缶切り等で缶の底に穴を開けても良いのですが液体が飛び出してくる可能性があり怖い場合には使い古した靴下をスプレー缶に履かせた上から穴を開けるかボロ布などで包んだ場所に穴を開けると良いでしょう。

中に残っている液体をゴミ袋や段ボールで処理した後は指定された日に不燃物として廃棄できます。

スプレー缶に簡単に穴を開けられる道具が100均などでも扱っているので1つ持っていると便利です。

100均で販売している穴あけ器の動画です。

まとめ

スプレー缶の回収方法は自治体によっても違うので処分方法は事前に確認しておきましょう。

スプレー缶を処分する場合は中身を使い切っておくことが重要です。

スプレー缶を使い切ったり穴を開ける作業は事故防止の為にも出来るだけ屋外で行うようにしましょう。

スポンサードリンク