香嵐渓の紅葉の見頃の時期?ライトアップや駐車場と宿泊施設!

東海地方でも屈指の美しさと言われる香嵐渓の紅葉の見頃の時期とライトアップや駐車場の営業時間と混雑、宿泊施設の情報について解説しています。

スポンサードリンク

香嵐渓の紅葉の見頃の時期

香嵐渓の紅葉の見頃の時期はその年によって若干の差はありますが例年11月中旬~11月下旬が一番の見頃です。

12月に入るとダメなの?

その年の気候や朝夕の寒暖差にもよるのですが香嵐渓の紅葉は毎年11月に香嵐渓もみじまつりが開催されていてこの期間は日没から午後21時まで紅葉のライトアップが行われるんです。

12月に入ると紅葉が見られるのは日没までの時間帯になってしまいます。

香嵐渓の紅葉が一番美しい時間帯は早朝とお日様が西に傾く夕方(日没前)のような気がします。

光の加減なのか真紅に染まる紅葉がとてもきれいに感じます。

燃えるような赤やオレンジと黄色と緑のコントラストを堪能したい方は早朝から日没前の時間がおすすめです。

15時頃を過ぎる頃になるとツアーの観光客が減りはじめて混雑が多少解消されるのと17時頃からライトアップが始まるので昼の紅葉と夜のライトアップがどちらも楽しめます。

秋の香嵐渓の紅葉と後半がライトアップの動画です。

ただお店とかが始まるのは午前9時頃からなので注意が必要です。

※駐車場は24時間駐車する事が可能です。

香嵐渓の紅葉ライトアップ

例年11月1日から11月30まで開催される香嵐渓もみじまつりの期間中は日没から午後21時までの時間、紅葉のライトアップが行われます。

11月最初の頃は17時頃からで11月も後半になり日没が早くなるとライトアップの時間も次第に早くなっていきます。

香嵐渓の紅葉のライトアップはとても幻想的で昼とは違った美しさです。

※ライトアップの時間帯は昼間に比べて仕事帰りの若い方が多いような気がします。

香嵐渓の紅葉の混雑

11月も中旬に入ると混雑も激しくなり混雑を避けるには平日で午前7時から8時、週末はそれよりも早めに足助地区に到着するように予定を組むと混雑を避ける事ができます。

ライトアップの時間を狙うには午後14時から15時に到着するように予定を組むと多少混雑を回避する事ができます。

スポンサードリンク

シーズン中は国道153号線は時間を外すと恐ろしく混み合います。

※5キロ進むのに1時間とか普通にあります。

香嵐渓の紅葉の駐車場と営業時間

 常設の駐車場 

宮町駐車場    (200台)
豊田市役所足助支所(120台)
西町第一駐車場  (30台)
西町第二駐車場  (70台)

 臨時駐車場 (シーズン土日のみの解放) 

足助小学校  (200台)
足助中学校  (50台)
足助グラウンド(400台)

上記の常設駐車場に関しては一日1000円(シーズン以外は安い時もある)で24時間駐車可能です。

時間が早くて係の人がいなくても駐車場内に車を入庫する事ができるので白線に沿ってきちんと駐車しておけばワイパーにお帰りの際にお支払いくださいと張り紙でメッセージが残ります。

足助観光協会のホームページで香嵐渓の駐車場の詳細な位置とう回路が確認できます。

シーズン中はホームページ内で渋滞情報や駐車場の状況なども確認できますが操作できない方は高速道路を降りる前に事前に電話連絡0565-62-1272で混雑状況を教えていただけます。

※駐車場の数が少ないのと来訪者が多いので駐車場に入れない車が渋滞を引き起こすのが原因になっているようです。

香嵐渓の紅葉付近の宿泊は?

足助地区内にも宿泊施設はありますが遠方から訪れる場合はシーズン中の混雑が激しいので付近で宿泊する事も視野に入れて計画を立てる事をおすすめします。

★香嵐渓の紅葉、足助町付近の地図と宿泊施設を旅ノートで見てみる★

香嵐渓の紅葉の時期に観光で集まる人はとても多いのですが足助地区内は宿泊できる場所も少なく古めの施設や家族経営の旅館も多いのでネット予約が取りにくいので運が良ければシーズン中でも1~2ヶ月前でも予約できる場合もあります。

足助地区内の宿泊施設は上記記載の足助観光協会のホームページから詳しい情報を見ることができます。

スポンサードリンク