中秋の名月と月見団子の意味や由来?お供えの飾り方について

中秋の名月と月見団子の意味や由来について解説しています。月見団子やお供えの飾り方についてもまとめています。

スポンサードリンク

中秋の名月と月見団子の由来

 そもそも中秋の名月とは? 

旧暦の8月15日から16日の夜の月の事を八月十五夜つまり中秋の名月と呼びます。

ちなみに旧暦8月15日は六曜で必ず仏滅になるので「仏滅名月」とも呼ばれる事があります。

中秋の名月に月見団子をお供えする由来について

旧暦の8月(現在でいうと9月中旬から10月初旬の頃)は農家も夏の収穫もほぼ終わり次は稲刈りを行うまで少しだけ手があく時期でお米の豊作を神様に祈る為に行なったのが始まりとされています。

稲の豊作祈願以外にも芋類の収穫祭から広まったという説もあり正確な由来はわかっていません。

 中国から伝わったという説もあります。 

中国には古来より「望月」という月を眺める行事があって平安時代の遣唐使によって日本に伝えられたのが広まったという説です。

日本の文献で初めてお月見が登場するのは醍醐天皇の時で909年(延喜9年)に月見の宴を開いた記録が残っているそうです。

日本で一般庶民にもお月見が広まっていったのは江戸時代になってからの事だそうです。

東アジアにはもともと旧暦の8月15日に里芋の収穫祭が行われる地域も多く日本でもこの日に里芋を食べる習慣がありました。

江戸時代前期には八月十五夜の日は芋煮を食べて夜遊びをしたという記録があり江戸時代の後期になると十五夜の日は机で祭壇を作りお供え物として江戸では球状、京都では里芋の形をした月見団子を供えるという記録も残っているようです。

スポンサードリンク

月見団子とお供え物の種類

月見団子と一緒にお供えする物としてススキや秋の七草などその季節の他の収穫物もお供えしていたようです。

 秋の七草 

・萩
・葛
・桔梗
・藤袴
・撫子
・ススキ
・女郎花(オミナエシ)

お月見には収穫物に関しての神様への感謝の意味もあるので中秋の十五夜(芋名月)にはナスや里芋、旧暦9月13日の十三夜(豆名月)には枝豆や栗など旬の味覚もお供えしたようです。

※十五夜から約1ヶ月後の旧暦9月13日を十三夜と呼び両方の月見をするのが風習とされていてどちらか片方だけの月見を片見月と呼び縁起が悪いとされています。

月見団子の飾り方

自宅に神事などで使用する白木でできた三方があればその上に白い紙(奉書紙や半紙)を乗せて月見団子を並べます。

無ければお盆やお皿で代用すると良いでしょう。

お団子の数は諸説ありますが十五夜には15個、十三夜には13個と覚えておくのが簡単です。

 15個の場合 

一段目に9個並べて二段目には4個、三段目に2個乗せます。三段目は自分から見て縦に2個並べます。

 13個の場合 

一段目に9個並べて二段目に4個並べます。

お月様へのお供え物なので月が見える場所や床の間にお供えするのが基本でお月様から見て左側にススキや季節の収穫物を置き右側にお団子が来るようにお供えします。

まとめ

中秋の名月と呼ばれるお月見は農作物の豊作を願う神様に対してのお供えから始まったと考えられています。

お月見でお供えする月見団子の形は地域によって今も様々な形が存在しています。

お月見は十五夜と十三夜を両方とも行いどちらか片方だけのお月見は方月見と呼ばれて縁起が悪いとされています。

スポンサードリンク