エアコンの掃除と洗浄スプレーの使い方!効果や故障の問題について

エアコンの掃除と洗浄スプレーの使い方について解説しています。スプレーの洗浄効果と機器の故障などの問題についてまとめてみました。

スポンサードリンク

エアコンの掃除に使用するスプレーの使い方

エアコンの掃除をする洗浄スプレーは幾つかのメーカーが販売していて専門知識のない女性にも簡単に取り扱える商品が多数販売されています。

使用方法も簡単でエアコンのカバーを開けエアコンのフィルターを取り外して熱交換器のほこりを取り除き電装部分にかけないように注意しながら冷却フィンに洗浄スプレーを吹き付け一定の時間待つだけでエアコンの掃除が完了する便利なアイテムです。

種類も一般のホームセンターで販売されているエアコンの防カビタイプの洗浄スプレーや人体や環境にもやさしい電解アルカリイオン水まで様々ですが使い方はほとんど同じです。

※事故や漏電を防ぐ為にも作業を始める前にエアコンのコンセントは抜いてから作業を行って下さい。

エアコンのカバーが外せない場合や外し方がわかりにくい方はこちらの動画をご覧ください。

エアコンの掃除方法と自分で行う手順

 フィルターの掃除方法 

フィルターを外す前にエアコンのカバー部分やフィルターの周りについたほこりをあらかじめ掃除機で吸い取っておくとフィルターを外す時にほこりが降ってくるのを多少防ぐことができます。

 エアコンのカバーを外す 

エアコンの機種によっては風の吹き出し口付近やカバーを開けた下の方にネジで固定されているケースがほとんどです。

エアコンフィルターは薄くて柔らかいプラスチックや樹脂で出来ています引っ張ったりねじったりしないようにしましょう。

カバー自体も無理やりに力を入れ過ぎるとパキッと破損することがありますので注意して下さい。

 エアコンフィルターの掃除 

外したフィルターは外側から掃除機をかけてほこりを取り除きます。

内側から吸い込むとほこりがフィルターの奥に目詰まりする事があります。

フィルターは部屋の空気を吸い込む時にほこりやゴミを取り除く働きをしています。

タバコの煙や油分を吸い込んでねばつく事がありますので月に1回位は水洗いして陰干しておくと良いでしょう。

洗剤は中性洗剤を薄めて使い柔らかいブラシやスポンジで裏側から洗い水をかけて洗い流すと目詰まりを防ぐ事ができます。

エアコンの冷却フィンを洗浄スプレーで掃除してもエアコンの嫌な臭いが消えない場合はエアコンの冷たい風の吹き出し口である送風ファンの部分の掃除が必要です。

こちらも洗浄スプレーで薬剤を吹き付けて一定時間経ってからリンス剤で洗い流すタイプのスプレーが販売されています。

エアコンのスプレー式クリーナーのランキングを楽天で見てみる

スポンサードリンク

個人的にはアマゾンの方が価格が安いように感じていますが時間があれば近所のホームセンターなども見て回ると良いでしょう。

エアコンの洗浄スプレーやクリーナーをアマゾンで見てみる

エアコンの掃除とスプレーの効果

使用説明書をよく読んでから使うのが基本ですが何年も手入れをしていないエアコン内部の冷却フィンの部分にはほこりやカビが大量に付着している場合があります。

その場合はそのまま使用せずフィンに付着したほこりやカビを掃除機や柔らかいブラシなどで取り除いてからスプレーを使用しましょう。

※歯ブラシなどでごしごしこするとフィンの表面が変形する事があります。

 エアコン内部の掃除を洗浄スプレーを使って定期的に行う効果 

・電気代の節約
・風量や冷え方と騒音の改善
・嫌な臭いが消える
・エアコンが長持ちする
・カビやダニなどのアレルギー物質の拡散防止

特に購入してからエアコンフィルターの掃除はするけど内部の熱交換器である冷却フィンや風の吹き出し口である送風ファンの部分を掃除したことがない場合その効果は大きく体感しやすいと思います。

エアコンのスイッチを入れてすぐの臭いなどの改善にも大きな効果を発揮します。

エアコンの掃除とスプレーに関する問題や故障

ネット上や専門業者の方の間でもエアコンの掃除用スプレーについて幾つか問題が挙げられています。

実際にはどうなのでしょうか?

エアコンのクリーニングを専門業者に依頼すると1台約1~2万円(大きさや構造による)かかります。

何台かまとめて依頼したり時期をずらすと値段は多少安くなるようです。

それに比べてエアコンの洗浄スプレーはメーカーにもよりますが1本800~2000円程度。

エアコン内部の吹き出しファンを掃除するリンス付きのタイプでも3000~4000円でかなり安くなっていて水を使って機器の内部を流さなくても良いという手軽さが受けています。

 エアコンの掃除スプレーの問題点 

1.すすがないので洗浄成分が内部に残ってしまう。
2.残留成分にカビが繁殖する。
3.乾いた後に汚れが固まってしまう。
4.使用できないエアコンもある。

 製造メーカーの回答と対策 

1.残留した成分に関してはエアコンを稼働した時にできる結露と一緒にドレンホースから屋外に排出される。

2.洗浄スプレーに含まれる成分には消臭や除菌成分が含まれている。

3.冷却フィンの部分にほこりが多い場合は掃除機などでゴミを取り除いてからスプレーを使用する。

洗浄スプレーを使用しなくても起こる故障としてエアコンの吹き出し口から水が飛んで出ることがあります。

これはエアコン内のほこりやゴミが排水ドレンに落ちてエアコン内の排水口を塞ぎ水が溜まるのが原因でドレン内のゴミを掃除する事により正常に戻ります。

年に2回ほど実際に使用していますが不具合は起こったことが無く洗浄スプレーで落ちた汚れが気になる場合は霧吹きやペットボトルに取り付ける専用加圧式スプレーを使って洗い流す事も可能です。

まとめ

エアコンを購入したら年2回程度、機器の内部を洗浄スプレーで掃除するとほこりもそれ程たまらず快適に使用する事ができます。

冷却フィンの部分を掃除しても臭いが消えない場合は送風ファンの部分を掃除すると悪臭が改善されます。

スポンサードリンク