お彼岸の結婚式は非常識で縁起が悪い?招待状で注意する事!

お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識なことなのでしょうか?お彼岸に結婚式を行う事に関しての縁起についてや招待状を発送する時に注意する事について解説しています。

スポンサードリンク

お彼岸の結婚式は非常識?

結婚式を計画する時にはお正月や5月のゴールデンウィークなど誰もが何かと忙しく予定を立てそうな休みが続く時期を避け気候が良く穏やかな季節でお日柄の良い大安や友引に人気が殺到するため式場によっては希望の日の選択がしにくくなるケースも見受けられます。

 そもそもお彼岸とは? 

仏教では亡くなったご先祖様が暮らす悟りの世界を彼岸、私達が生きている迷いや煩悩に満ちた世界を此岸と呼びます。

彼岸は西、此岸は東にあると伝えられ太陽が真東から昇り真西に沈むお彼岸の時期はあの世とこの世が最も通じやすくこの期間にご先祖様の供養をすると極楽浄土へ行くことが出来ると考えられるようになりました。

※お彼岸と呼ばれる期間は3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間です。

実はお彼岸に結婚式を挙げる事は非常識なことではありません。

気候も穏やかになり始める時期で9月にはシルバーウィークになる為にこの期間を利用して結婚式を挙げられるカップルが年々増えています。

ただこの時期は帰省してお墓参りをご予定の方も多く仏教的な禁忌事項にはあたりませんが年配の方の中にはそうした事を気にされる方がお見えになるのも事実です。

早めに案内をして式の日取りを決めた理由や意味等も用意しておくと良いでしょう。

お彼岸の結婚式の縁起は?

お彼岸に結婚式を挙げるなら大安や友引など慶事の吉日とされる日が縁起も良いでしょう。

スポンサードリンク

日柄の良い日を選び仏滅などは避けたほうが無難です。

昔の結婚式は現在と比べてとても厳格な決まりやしきたりに基いて行われていて結納を行い仲人を立てて挙式についても 大安や友引の午前中に行うもの と決まっていました。

そのため現在でも年配者の多くは様々な固定観念が残ったままの状態になっています。

お彼岸の結婚式の招待状は早めが吉

お彼岸に結婚式を行う場合には招待状は通常より少し早めに送るのが良いでしょう。

結婚式の招待状を送付するのに良いタイミングとして結婚式の日から概ね3ヶ月ほど前には届くようにし返信期間を1ヶ月程度設けるのが通常です。

お彼岸の時期は帰省する計画やお寺さんの手配など前もって行われる方も多く飛行機などを移動手段にされる方はチケットを早割で格安に購入できる事もあり3ヶ月前に予約されてしまうケースもあります。

またお彼岸の時期は通常時に比べ交通機関も混雑が予想されるので遠方からお越しいただくお客様がチケットを入手しやすいように早目のタイミングで招待状をお届けするのがおすすめです。

また早めに招待状を発送するだけではなく式の日取りを決めた理由についても記載しておくと年配者の心配を取り除く事ができます。

まとめ

お彼岸に結婚式を挙げるケースは年々増加傾向にあります。

年齢や世代によっては結婚式の日柄や縁起を気にされる方もお見えですがお彼岸に仏教的な禁忌はありません。

結婚式の招待状は通常より早めに発送し挙式の日取りが決まった理由など書き添えておくと心配をかけなくて済みます。

スポンサードリンク