山の日が祝日になった理由はなぜ?8月11日の由来と疑問!

山の日が祝日になった理由はなぜなのかについて解説しています。山の日が8月11日なった由来や経緯についてまとめてみました。

スポンサードリンク

山の日が祝日になった理由

山の日という祝日が増えるのをご存知の方も多いと思いますが2016年の8月11日から施行されます。

山の日は2014年に制定され実際に祝日としてお休みになるのが2016年からなのです。

 なぜ山の日ができたのか? 

しかも8月11日になった理由はなぜなのか?について解説していきます。

山の日が制定された時は「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として作られたようです。

そもそも山の日ができるきっかけになったのが「日本山岳会」という公益社団法人です。

2010年に幾つかの山岳団体と共に「山の日制定協議会」というのを結成して山の日という祝日を作ろうと活動し始めた訳です。

全国の都道府県によっては山の日を制定している所もありました。

静岡県  2月23日     富士山の日
千葉県  5月17日       里山の日
広島県  6月第1日曜   ひろしま山の日
長野県  7月第4日曜     信州山の日
奈良県  7月第3月曜   奈良県 山の日川の日
山梨県  8月8日             やまなし山の日
岐阜県  8月8日           ぎふ山の日
和歌山県 11月7日      紀州山の日
香川県  11月11日    四国山の日
愛媛県  11月11日    四国山の日
高知県  11月11日    四国山の日
徳島県  11月11日    四国山の日
大阪府  11月第2土曜    おおさか山の日

※ちなみに10月3日「登山の日」というのも存在します。

日本で祝日が無い月は6月と8月で当初は候補は各地で行われる山開きの日に合わせて6月の第1月曜日を推していたようなのですが経済界からの反発が強かったようです。

長期休暇につながらないお休みを作っても経済効果に乏しく8月であれば元々多くの企業はお盆休みを取る為に企業側の受ける影響も少なく学校も夏休み中なので学業への影響もありません。

山の日の祝日はいつから

2014年に制定された山の日は2016年に施行され8月11日が祝日になります。

スポンサードリンク

当初は8月12日が有力候補として挙がっていました。

多くの企業は8月13日からお盆休みに入るので8月11日を祝日にすると翌日の12日に出勤して13日から再びお休みという飛び石の状態になるからです。

しかし8月12日は日本航空のジャンボジェット機が墜落し遺族による追悼慰霊式が行われる日でもあります。

※1985年(昭和60年)日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落し520人の犠牲者を出した日です。

山の日は様々な事を考慮して8月11日に決定された訳です。

山の日が祝日になるまでの経緯の動画です。

山の日の祝日の疑問

2014年に制定されたのになぜ2015年に祝日として施行されなかったのでしょうか?

これはカレンダーが間に合わないのが理由だったようです。

通常、暦やカレンダーは毎年2月には既に翌年のカレンダーを作っているそうで山の日が制定された時には翌年のカレンダーはできた後だったそうでカレンダーの変更は難しいので2016年度からになったそうです。

8月11日が山の日になった由来

2010年から4年かけて2014年に制定された山の日は様々な過程を経て決定されました。

最後に作られた祝日である「海の日」から20年振りに施行される祝日です。

 山の日はなぜ8月11日なのか? 

・当初候補だった6月は社会に与える影響が大きい。
・8月はお盆休みもあり経済効果がより期待できる。
・お盆に帰省した時に故郷の山に登って欲しい。
・夏山のシーズンでもある。

8月11日が山の日に決まった由来のひとつには多くの人は故郷を離れて生活していてお盆の時期に帰省しますがその時に故郷の山に登って地元の良さを再確認して欲しいという思いもあったようです。

まとめ

山の日が祝日になったのは日本山岳会の山の日制定協議会の結成がきっかけになります。

山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する事を趣旨として制定されました。

当初6月案でしたが経済効果や社会に対する影響を考慮し8月11日に決定されました。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ