とうもろこしのカロリーは1本どの位?ダイエットの効果は?

とうもろこしに含まれるカロリーは1本どの位なのでしょうか?とうもろこしは食べると凄く甘いのでダイエットに効果はあるのか?逆に太るのでは無いかと思われる方が多いようです。

スポンサードリンク

とうもろこしのカロリーは1本どの位?

普通の大きさのとうもろこしは1本約250g前後で品種にもよりますが小さい物だと200g前後大きなものだと400gを越えるサイズのとうもろこしがあります。

とうもろこしの可食部(食べられる実の部分)は全体の約7割で250gのとうもろこし1本だと食べられるのは約175gになります。

気になるカロリーは茹でたとうもろこし1本173㎉で100g当りのカロリーは約98.8㎉なので食べられる部分100gは100㎉と覚えておけば大丈夫です。

生の状態のとうもろこしは100gに対して約92㎉なので加熱する事によりカロリーが増加する事がわかります。

 身近な食べ物と比べてみる 

ご飯  100g 168kcal

餅   100g 235kcal

食パン 100g 264kcal

※食パンは4枚切り1枚で100g、8枚切りなら2枚で100gです。

とうもろこしは茹でると驚く程甘くなりますが100g当たりのカロリーはご飯やパンと比べても少なく低カロリーな食品であると言えます。

とうもろこしのダイエットの効果

とても甘くて美味しいのでダイエット中の方は太るのではないかと気にされるようなのですが普通サイズ約250g位のとうもろこし1本で175㎉位です。

ご飯は100g168㎉で大人用の茶碗1杯当り260~280㎉とされています。

毎日ではなくても主食と置き換えが出来ればダイエットの効果もあると考えられます。

とうもろこしは世界でも米や小麦と並び三大穀物と言われ南米などでは主食として食べられています。

ビタミンやミネラルなど様々な栄養を含んでいるのでダイエットによる栄養の偏りや代謝の低下を予防する効果もあります。

炭水化物を主にビタミンB1、B2、ビタミンEが含まれ食物繊維が豊富なのが特徴でとうもろこしに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維で大腸で水分を吸収して膨らむので腸内環境を整えて便秘にも効果があります。

とうもろこしの栄養素は水溶性で水に溶けだしてしまう物が多いので茹でるより蒸した方が栄養価を損なわずに加熱する事ができます。

胚芽の部分に栄養が集中しているため手でむしり取るように食べた方が無駄がありません。

収穫してから時間の経過と共に栄養が失われるので早めに加熱し冷蔵庫や冷凍庫に保存するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

とうもろこしの栄養とダイエット

とうもろこしでダイエットを考えた時に気になるのが糖質が多く炭水化物であると言う点です。

最近の流行である糖質ダイエットや炭水化物ダイエットが頭をよぎり本来は避けるべき食品ではないかと悩みます。

カロリーだけで考えるなら炭水化物4Kcal/g、たんぱく質4Kcal/g、脂質9Kcal/gなので問題ないはずなのですが実際にはそのようになりません。

炭水化物は人間にとって即効性の高い栄養素で体に入ると糖質に変換されます。

炭水化物が体に入ると血糖値が上昇するのですが上がったままだと食べた食事が脂肪になりやすく体の様々な働きによって上がった血糖値はやがて抑えられます。

血糖値が抑えられると血液中の糖分が減少し脳が糖分を求める為に再び食欲がわいてきます。

※脳はブドウ糖しかエネルギーに出来ない。

つまり糖質ダイエットや炭水化物ダイエットは血糖値の急激な上昇を抑え食べた栄養を脂肪として蓄積しにくくさせ食欲を抑えるというダイエットの仕組みですが最近は問題も指摘され始めています。

炭水化物は重要なエネルギーで極端に不足した状況が長く続くと脳が正常に働かずに集中力が低下したりボォーとして無気力になったりします。

炭水化物を制限すると体臭や口臭が強くなる場合もあるようです。

重要なのは食材の特徴を知り長続きするダイエットを行う事です。

毎日とうもろこしだけ食べ続けたり偏った食品によるダイエットは成功しません。

人は生きていくために食欲があって当たり前で毎日同じものを食べ続けられる人は少ないでしょう。

ダイエット中の甘さを楽しむ1つの方法としたり時間がない日の朝食に取り入れたり定期的に主食に置き換えダイエットの補助食として摂取するのがおすすめです。

人には個人差がありダイエットに合う合わないも人それぞれです。

カロリーベースで考え無理のないダイエットを心がけたいものです。

炭水化物は冷やす事でダイエット効果が上がる事を解説した動画です。

まとめ

とうもろこしのカロリーは100gに対して100㎉と覚えておけば良いでしょう。

とうもろこしは甘くて糖質が多いのですが低カロリーです。

主食と置き換えてうまく利用すればダイエットにも効果的です。

スポンサードリンク