日焼け後に赤くなる?湿疹やブツブツ斑点と水ぶくれの対策!

皮膚がデリケートで色白の方に多いのが日焼け後に赤くなる日焼けです。赤い湿疹やブツブツした斑点が出来たり場合によっては水ぶくれになったりした時の対策について解説しています。

スポンサードリンク

日焼け後に赤くなる

色白で肌がデリケートな人に多いのが日焼け後に赤くなったりヒリヒリと痛みを伴うタイプの日焼けです。

 日焼けには個人差があり「サンバーン」と「サンタン」2つの症状があります。 

皮膚が赤くなり場合によってはヒリヒリと痛みを感じる状態をサンバーンと呼びます。

強い紫外線を浴びた事によって皮膚の表面がやけどしたようになる症状です。

皮膚が赤くなった後に数日経過すると皮膚の色が色素沈着によって次第に褐色に変わって行きます。

肌が黒く色素沈着を起こす症状をサンタンと呼びます。

皮膚のメラニン細胞が紫外線によって体の細胞レベルの損傷を防ぐ為にメラニン色素を作ります。

紫外線が体の奥に浸透するのを防ぎ細胞のDNAが傷つかないように守ります。

日焼けに慣れていなかったり色白で色素細胞の少ない人は日焼けすると赤くなりやすいようです。

日焼け防止対策と日焼け後のケアに関する動画です。

日焼け後の赤い湿疹やブツブツ

日焼け後に赤い湿疹やブツブツと斑点のような症状が皮膚の表面に現れる場合があります。

光線過敏症や日光アレルギーと言った日光や紫外線など光を浴びる事が原因で引き起こされる症状です。

体質に合わない日焼け止めを塗ったり湿布を貼っていた部分に日光を浴びると人によっては湿疹や発疹、紅斑や水ぶくれ等の症状を発症する事があります。

スポンサードリンク

湿布に含まれるケトプロフェンという成分が紫外線と反応したり日焼け止めに使用される特定の成分やレモンやライム等の果汁や植物、香水などを使用した皮膚に紫外線を浴びると炎症を起こす可能性があります。

他にも降圧剤や抗菌薬、鎮痛剤など内服する薬を飲んでいる場合に症状が出る場合があるようです。

日焼け後に赤い湿疹や発疹、紅斑などができてかゆみを伴う場合にはシャワーなどで冷やす事でかゆみを抑えることが出来ます。

症状が改善されない場合は医療機関を受診し医師の指示に従う事をおすすめします。

何といっても日焼けを防止する為の対策が重要で肌がデリケートな方や子供の場合には初めて使用する日焼け止めなどはパッチテストを行ってから使用するのがおすすめです。

日焼け後の水ぶくれの対策

日焼けによって水ぶくれができるのはやけどと同じ症状で中程度の火傷「浅達性Ⅱ度熱傷」より起こります。

水ぶくれが出来ている部分が広範囲であればかなりの痛みを伴います。

日焼け後に水ぶくれができた時の対処法としては体温よりも低めのシャワーや水風呂に浸かって患部を良く冷やす事が重要です。

患部が熱を持ちジンジンと痛むときは氷などをタオルに包んで冷やし水ぶくれが潰れないように注意します。

背中や肩などできた水ぶくれが潰れてしまった場合は皮を剥がしたりせず清潔なガーゼやラップなどで保護し医療機関で診察を受けて下さい。

きゅうりを貼ったりアロエを塗るなどの民間療法は細菌が入って化膿したり跡が残る可能性があります。

治療や薬に関しては専門医の判断に任せましょう。

まとめ

日焼け後の症状は個人差もあり肌がデリケートで色白の方は赤くなりやすいようです。

薬や果物などの特定の成分によって紫外線を浴びると赤い湿疹や斑点を発症するケースがあります。

発疹やかゆみを伴ったり水ぶくれ等の症状が続く場合は医療機関の受診をおすすめします。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ