プール熱大人の症状?子供からうつる?会社への出勤について

夏に流行するプール熱ですが子供だけでなく大人も感染する事があります。大人が感染した場合の症状や子供からうつる事があるのか、うつった時の会社への出勤についてどのようにすべきか解説しています。

スポンサードリンク

プール熱の大人の症状

プール熱は咽頭結膜熱とも呼ばれる夏風邪の一種でアデノウイルスが原因で感染する病気です。

10歳以下の子供がプールなどで感染する事が多いためにプール熱と呼ばれますがプール以外でも感染します。

一度感染して免疫ができると感染しませんがアデノウイルスには複数の種類があるので別の種類の場合には感染します。

プール熱大人の主な症状

・39度前後の発熱が3日から5日程度続く
・のどの痛み
・目の充血や目やに
・下痢や腹痛

大人の場合には感染しても子供に比べて症状は軽いとされています。

但し免疫力が落ちている時や高齢者、妊婦などが感染すると重症化したり肺炎などの呼吸器の疾患や胃腸炎など消化器疾患を起こすケースもあり注意が必要となります。

プール熱は子供からうつる?

大人の場合もプール熱に感染した子供を看病していてうつってしまうケースがあるようです。

プール熱は感染力が強く飛沫感染や接触感染を起こしやすいので大人の場合も注意が必要です。

プール熱大人が注意したい対処法

うがいや石鹸による丁寧な手洗いが最も効果的です。

感染者はマスクの着用やお風呂で感染することもあるので症状が落ち着くまではお風呂を最後に入らせるかシャワーだけにさせた方が無難です。

スポンサードリンク

比較的年齢の低い小児がかかり易いので顔を拭いたりしたタオル等の共用や食事の時の箸や食器にも注意して下さい。

有効な消毒剤としては、消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムが挙げられますし煮沸消毒も有効です。

 感染対策 

コップや食器などは家庭の台所などで使用されるキッチンハイターを500~1000ppmに薄めて使用します。

※水1ℓに対してキャップ1杯(25ml)を2杯使用すると1000ppmになります。

水で薄めてから2時間程度で効果が弱まるので作り置きせずにその都度、消毒水を作るようにしましょう。

感染すると病気の症状が消えてからも尿や便から1ヶ月近くウイルスが排出される場合もあるようです。

プール熱大人の会社への出勤

プール熱は学校保健法で第二種伝染病に指定されているので子供が感染した場合には幼稚園や保育園、小学校などは症状が無くなってからも2日間は出席停止になります。

大人の場合は会社の就労規則にもよりますが法定伝染病ではない為、休むと欠勤扱いになります。

ただ大人も感染すると発熱や喉の痛みが強いケースもあり他の社員の方へ感染する事もあるので職種や状況によっては休養したほうが良いでしょう。

うつしてしまった人に対しても申し訳ないという事にならないようにマスクなどの最低限のマナーだけは守りたいものです。

まとめ

プール熱の大人の症状ですが子供ほどひどくならない事が多いのですが熱や喉の痛み、目の充血などが症状はあります。

抵抗力が落ちている高齢者や妊婦さんは注意が必要です。

会社への出勤に関しては就業規則にもよりますが最低限のマナーは守った方が良いでしょう。

スポンサードリンク