プール熱子供の症状?お風呂はどうする?入浴で家族にうつる?

夏になると例年流行するプール熱に感染した子供の症状について解説しています。感染後はお風呂に入っても良いかお風呂で他の家族にうつる事はあるのかについてもまとめてみました。

スポンサードリンク

プール熱の子供の症状

プール熱は咽頭結膜熱や咽頭結膜炎とも呼ばれるアデノウイルスによる感染症でプールの水を媒介して感染するケースが多いのでプール熱と言われます。

実際にはプール意外に咳やくしゃみ等から感染することも多いようです。

夏風邪の一種で初夏から秋にかけて幼児や学童などの小児に流行します。

潜伏期間は5日から7日間で急な高熱や喉の痛みと目が真っ赤に充血します。

熱は39度から40度の高熱が3日から一週間前後と長く続き喉も真っ赤に腫れて強い痛みが3日から5日位続きます。

目は痛みやかゆみを伴う場合や目やにや涙が止まらない等の症状があります。

他にも全身の倦怠感や頭痛や腹痛、食欲不振などの症状を伴います。

アデノウイルスには予防薬やワクチンが無いので感染した場合はそれぞれの症状に対しての対処療法になります。

またプール熱に感染した場合は学校保健法で第二種伝染病の位置づけがされていて登校に関しては症状が無くなった後2日を経過するまで出席が出来ませんので登園や登校については医療機関に相談して下さい。

プール熱の感染経路

感染経路はプール熱の原因であるアデノウイルスが目や口、鼻から体の中に侵入して感染します。

くしゃみや咳などによる飛沫感染とプール等で目や喉からウイルスが侵入する事で感染します。

スポンサードリンク

目やにからも感染するのでタオルの共有は注意が必要です。

便にもウイルスがいるのでおむつの処理後の手洗いにも注意して下さい。

アデノウイルスに有効な消毒剤としては消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムが挙げられ熱にも弱いので煮沸消毒も有効です。

プール熱の予防と対策

感染力が強くウイルスに免疫のない小児や大人にもうつります。

感染すると免疫ができますが複数の原因ウイルスがいる為に感染を繰り返す事があります。

流行時期はうがいや手洗いを心がけプールの前後のシャワーやプール後の洗眼やうがいを念入りに行うようにしましょう。

プール熱子供のお風呂はどうする?

子供がプール熱に感染して熱が高い状態で入浴すると体力を極度に消耗します。

多少熱が下がった状態でも無理をして入浴する事により熱が高くなるケースもあります。

熱が下がるまで控えるか汗が気になる場合には蒸しタオル等で体を拭いてあげましょう。

それだけでもかなりサッパリすると思います。

プール熱はお風呂でうつる?

プール熱は感染力が強いのでお風呂でうつる可能性があり症状が落ち着くまではシャワーだけにするか一番最後に入浴させます。

お風呂の中で使用するタオルや入浴後のバスタオルなども共有するとうつったりする事がありますので注意して下さい。

まとめ

プール熱とはアデノウイルスが原因の感染症で正式には咽頭結膜熱と呼ばれます。

高熱や強い喉の痛みや目の充血があり重症化すると肺炎を起こす事があります。

感染力が強くお風呂やタオルの共有などからも感染するので注意が必要です。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ