七夕の歌ささのはの歌詞の意味とは?のきばや砂子とは何の事?

七夕の歌として有名な笹の葉さらさらで始まる歌詞の意味について解説しています。

のきばや砂子についても詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

七夕の歌の歌詞と意味

毎年七夕の時期が近づくと思い出す歌があります。曲名が思い出せないので調べてみました。

ささのはさーらさらで始まるその曲のタイトルは「たなばたさま」という曲名で実は昭和16年に3人の人たちによって作られた童謡なのです。

 たなばたさまの歌詞 

笹の葉さらさら 軒端に揺れる
お星様きらきら 金銀砂子

五しきの短冊  私が書いた
お星様きらきら 空から見てる

作詞/権藤花代・林柳波 作曲/下総皖一

たなばたさまという童謡はいつ聞いても懐かしいですね。七夕は中国から伝わったそうですが笹の葉に吊るした短冊にお願い事を書くのは日本だけの風習のようです。

たなばたさまを実際に聞いてみる!

七夕の歌のきばの意味

七夕の歌に出てくる「のきば」の意味なんですが漢字で書くと「軒端」になるんです。

辞書で調べると軒のはしや軒口の事と書いてあるのですが家の屋根の外壁から外側に出ている部分が軒なのでおそらく庭などに出る縁側の端の屋根の下の部分に願い事を書いた短冊を吊るした笹の葉を飾り風にサラサラ揺れる様子が歌詞になったのでしょう。

スポンサードリンク

七夕の歌砂子の意味

砂子というのは蒔絵や襖などに使われる金や銀を細かい粉にした物のことで夜空に輝く天の川を金や銀の砂が流れているようにきらきらと美しいと感じたのではないでしょうか。

ちなみに歌詞の中の五しきとは「五色」の事です。

七夕は中国の陰陽五行説に由来した節句で自然界のあらゆるものを陰と陽に分け「五行」木、火、土、金、水の5つの要素で成り立っているという考えられていました。

この五行には対応する色があり青、赤、黄、白、黒の五色の紐を中国では七夕に飾るそうです。

琴座のベガ(織姫)と鷲座のアルタイト(彦星)が天の川をはさんで旧暦の7月7日に最も輝いて見えることから巡り会いの日として七夕伝説が生まれたそうです。2016年の場合は8月9日が旧暦の七夕にあたるようです。

 織姫と彦星が天の川をはさんで別れ別れになった本当の理由? 

まとめ

旧暦の七夕は現在の暦で考えるとその年によっても日にちが変わるのですが8月になる事が多いようです。

毎年7月7日は天候が悪く織姫や彦星が見える事が少ないので晴れてくれれば良いのにと毎年思っております。

スポンサードリンク