脇の下の黒ずみの原因とブツブツを解消する方法について!

脇の下の黒ずみの原因や色素沈着を起こして黒ずみブツブツした皮膚の状態を解消する方法に

ついて解説しています。

スポンサードリンク

脇の下の黒ずみの原因

脇の下が黒ずんで見える原因は様々ですが大きく分けると2つの原因が考えられます。

体から出る皮脂や古い角質の汚れによるくすみとメラニン色素の沈着です。

メラニン色素が沈着して肌の色が濃くなる現象はメラノサイトという細胞が肌に受ける刺激に対して体を防御する為の反応です。

脇の下は皮膚が薄くてデリケートなので外部からの刺激(ムダ毛の処理)を受けると肌を守るために太い毛や数が増えたり色素が沈着して黒ずんだりしやすい場所なのです。

カミソリや毛抜きを使った自己処理は肌にかかる負担も大きく黒ずむ可能性が高い処理方法です。

気温が高くなると脇の下は汗をかきやすく皮脂の分泌も盛んで蒸れやすく衣類による刺激が加わりやすい場所でもあります。

夏にかけ制汗剤などの過剰使用が皮膚に対しての刺激を増大させているケースもあるようです。

肌の露出が増える時期に脇の下の黒ずみを気にするあまりファンデーションなどで隠す方も見えるようですが毛穴を塞いで詰まらせ黒ずみの原因を増やす結果になる可能性があります。

脇の下の黒ずみやブツブツ

 黒いブツブツは毛抜きやカミソリによるムダ毛の処理が原因? 

ブツブツしたような感じに毛穴が盛り上がり黒ずんで見えるのは毛抜きやカミソリによる間違った脱毛が原因かも知れません。

脇の下の毛は通常の場所よりも生える位置が深く毛を抜くことによるダメージが強く現れる場所でもあります。

ムダ毛を抜くことにより肌が炎症を起こしてメラニン色素が沈着し肌が黒ずむ場合があります。

また毛抜きによる処理は途中で毛が切れたりして埋没毛の原因にもなります。

カミソリによる処理も深剃りや逆剃りによって毛穴を傷つけたりすることで埋没毛になる場合があります。

※埋没毛とは傷ついた毛穴が塞いでしまい皮膚の下に毛が潜り込んで成長してしまう状態です。

スポンサードリンク

毛穴を傷つけてばい菌が入ったり埋没毛が原因で毛嚢炎を起こすと赤いブツブツやニキビの様な状態になったりします。

埋没毛についての動画です。

脇の下の黒ずみを解消する

ムダ毛の自己処理する方法を刺激の少ない方法に切り替える事が重要です。

例えばカミソリや毛抜きは使用せず電動シェーバーに変えてみるとか脱毛サロンなどの利用です。

メラニン色素の沈着が気になる場合はビタミンCとビタミンEを食生活に取り入れて見ましょう。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制してビタミンEには肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

肌のターンオーバーが活発化する事で黒ずみの改善や予防にもつながります。

メラニン色素が作られても肌の代謝がスムーズに行われると黒ずむことは少なく刺激や乾燥しやすい状況が続くと肌は黒ずんで改善されにくくなります。

脇の下は汗腺が発達しているので乾燥しにくいのですが汗が蒸発する時に水分が奪われたりムダ毛処理によって肌がダメージを受けると刺激に対しても敏感になりターンオーバーのリズムが崩れて色素が沈着します。

脇の下に一番ダメージが大きいのはやはりムダ毛処理が原因になるケースが多いので処理回数を減らすことが黒ずみの解消につながります。

ムダ毛の処理後に肌の乾燥を防いで保湿するクリームなどを使用すると良いでしょう。

脇の下は皮膚が薄くてデリケートなので刺激の少ない優しい商品を探してみて下さい。

ワキや二の腕の黒ずみには薬用アットベリー、今なら返金キャンペーン中!

まとめ

脇の下の黒ずみの原因はムダ毛の処理による皮膚への刺激が原因になる事が多いようです。

毛抜きによる無理な脱毛やカミソリによる間違った処理は埋没毛を作り黒ずみやブツブツの原因になります。

刺激の少ない方法でムダ毛処理を行い処理後にはきちんとしたケアが必要です。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ