子供の顔の産毛の処理はどうする?剃ると濃くなるのは本当?

子供の顔の産毛の処理はどうされているでしょうか?口の周りや鼻の下の産毛が多いと光の加減で目立ったりしますよね。まだ子供だから大丈夫とか剃ると濃くなるのではないかと心配されていませんか?お子さんの産毛の処理について解説しています。

スポンサードリンク

子供の顔の産毛の処理

お子さんが幼稚園や小学校に通うようになると徐々にお友達も増えていきますが時として悪気もなくふと言われた一言にショックを受ける事があります。

 幼児期から次第に成長していく子供の心は非常に多感 です。

親がまだ小さな子供だから大丈夫と考えている事でも実は友達にからかわれたり自分でも気にしているといったケースもあるからです。

まだ赤ちゃんの内は眉毛がつながっていたりおでこや鼻の下辺りの産毛がもし目立っても誰からもイジメられたりしませんし言われても本人は分からないのでニコニコしているだけです。

幼稚園や小学校に入る時期になって男の子でも女の子でも親から見て少し気になるようなら早めに処理をしてあげた方が良いと思います。

歯磨きでも爪切りでもそうですが初めからできる子はいません。

普段からの身だしなみは親がやってあげて徐々に一人で出来るようにしてあげれば良いのです。

小さな子供の肌をカミソリで剃るのは心配だし 肌が傷ついたりしないのか? 

脱毛剤など薬品の使用は場所が顔だけに不安はないでしょうか?

不安な場合は理髪店に行けば普通にやってもらえますし自宅で行う時は蒸しタオル等で十分肌を温めてから専用のクリームなどを使用して処理してあげる親さんは意外に多いです。

剃る時に石鹸などで代用せずシェービングクリームを使用したほうが良い理由として滑りを良くする他に肌の潤いを守る成分が含まれているためです。

横滑りしても皮膚を切ったりしない安全なカミソリが販売されていますしもし自信が無い時は電動フェイスシェーバーを利用するのが良いと思います。

スポンサードリンク

電動のフェイスシェーバーは家電量販店やドラッグストアなど様々お店で手頃な価格で購入する事ができます。

★産毛が剃れる電動フェイスシェーバーの価格を見てみる★

産毛は剃ると濃くなる?

カミソリでうぶ毛を剃ると毛先の細い部分から根元の太い部分に切り口が変わる為に太くなったように見えます。

うぶ毛には皮膚を守る役目があって肌にカミソリ等で必要以上の強い刺激を与えると肌を守るために毛を濃くするように体に働きかけるようです。

カミソリで剃る時は強く肌に押し付けず優しく使用し毛の流れに逆らわないように剃るようにします。

肌への負担を減らすには剃る前に皮膚を良く温めてから専用のクリームを使い剃った後に保湿もしてあげましょう。

肌への負担が最も少ないのは 顔そり用のフェイスシェーバーを利用 する事で刃が直接肌に触れないので負担も少なく手軽に利用する事ができます。

産毛を剃る頻度

お子さんに合わせて産毛が目立って来たら処理するようにすれば大丈夫です。
カミソリを使って処理する場合は皮膚の状況にもよりますが1ヶ月に1回程度。

フェイスシェーバーであれば肌への刺激も少ないので気が付いたときに手軽に処理が出来ます。商品によっては産毛用の刃と眉用の刃の二種が使用できるようになっています。

まとめ

幼稚園や小学校に上がる時期には子供の身だしなみには注意してあげましょう。

親の目から見て顔の産毛が気になるようであれば処理してあげましょう。

産毛は剃っても必要以上に濃くなる心配はありません。

スポンサードリンク