花粉症に効く食べ物や飲み物?最も即効性がある方法とは?

花粉症に効く食べ物や飲み物について解説しています。症状が出る前に開始するのが効果的

なのですが花粉症に即効性のある方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症に効く食べ物

花粉症がおきる原因は体の免疫細胞が花粉に対して過剰反応する事が原因となりおこります。

つまり普段の食事で過剰な免疫反応が出ないように免疫の働きを正常化してくれる食品を摂取する事で体質を改善し花粉への反応を軽くしていく事が必要になってきます。

※花粉症対策に有効な食品の摂取は 症状が出る8週間前から開始 するのが効果的と言われていますが毎年花粉症の症状に苦しむ方でも症状が出始めるまで何もしていない方が多いようです。

 花粉症に効くとされている主な成分はポリフェノール、乳酸菌、DHA等です。 


青魚が含んでいる脂質はα―リノレン酸のイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)で共に免疫の働きを正常化しアレルギー症状を抑える働きがあります。

れんこん
れんこんに含まれるポリフェノールのひとつであるカテキンにはアレルギーを起こす抗体の血中濃度を下げる働きがあります。

玉ねぎ
玉ねぎに含まれるケルセチンという成分はアレルギー症状を悪化させるプロスタグランジンE2という物質への転換を抑制してヒスタミンの活性を防いで有害物質の排出を促してくれます。

にんにく
にんにくに含まれるNK細胞はアレルギーの過剰な免疫反応を抑えてくれます。血行を促進して腸を整え細胞を活性化する作用があります。

しそ
しそに含まれるα―リノレン酸が体の中でEPA、DHAに変わりアレルギーを抑制しルテリオンという成分が免疫過剰を抑えて体質を改善する効果が高いです。

ブロッコリー、カリフラワー
花粉症の緩和に効果的なα―リノレン酸やアルファリポ酸(αリポ酸)がたくさん含まれています。

つくし
アレルギーの原因物質、ヒスタミンンやロイコトリエンの遊離を抑える作用がある。

キノコ類
キノコには免疫力を向上させるビタミン類が豊富に含まれています。

バナナ
バナナに含まれる成分が抗酸化作用や抗炎症作用を持っていてくしゃみや目のかゆみなどの症状が改善されたという大学の実験データなどもあるようです。

スポンサードリンク

ヨーグルト
花粉症の原因とされるIgE抗体の活動を抑えて腸の働きを整えてくれる。

花粉症に効く飲み物

甜茶
バラ科の甜葉懸鈎子という種類は甜茶ポリフェノールが含まれていて花粉症以外にもハウスダストや気管支喘息、アトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

緑茶
緑茶に含まれるカテキンにはアレルギー症状をおこすヒスタミンの活性を抑えてくれる。
なかでもべにふうき緑茶は花粉症に有効なメチル化カテキンが他のお茶より多く含まれていてネットでも話題になりました。

ルイボスティー
ルイボスティーに含まれている酵素が強い抗酸化作用を持っていて花粉症のアレルギー反応を抑制してくれる。

えごま油
えごま油はえごまというシソ科の植物の種子から作られる油でしそ油とも呼ばれます。
必須脂肪酸のα-リノレン酸を多く含んでいます。熱に弱いのでドレッシングの代わりにサラダにかけたりして利用します。

他にもハーブティーやハト麦茶、黒酢などにも効果があったという方が見えます。

花粉症に即効性のある方法

食べ物や飲み物で花粉症に即効性を求めるのは少し難しいかも知れません。

上記に記載したように花粉症に効果があると言われる食品で短期間に症状を改善される方がいる一方で試してみたけど私には効果が無かったとする意見もあって有効性には個人差があるようです。

しかも花粉症の症状が出る前から摂取するのが理想的とされていて一定の期間、継続する事も必要になってきます。

医療機関の薬でさえ症状が出る前の方が効果的です。
市販薬も服用すると眠くなったりくしゃみや鼻水、目のかゆみを一時的に抑える対処療法で長期的に症状から逃れられる治癒させる薬品はありません。

花粉症の症状が辛く苦しいとおっしゃる方で毎年症状が出る方でも早期治療や早期改善に取り組んでいる方は少数です。

病院の薬剤が不安な方は遠回りになるようでも普段から体質改善に努めることが一番即効性がある方法かも知れません。

まとめ

個人差はあるようですが花粉症に効果があるとされる食べ物や飲み物を記載して見ました。

花粉症の症状が出てくる8週間以上前から継続的に摂取するのが効果的なようです。

スポンサードリンク