らっきょうの漬け方と旬の時期?健康効果や食べ過ぎについて

らっきょうの漬け方と旬や時期について解説しています。らっきょうの凄いと言われる健康に

ついての効果や食べ過ぎてしまうと起こる症状についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

らっきょうの漬け方や時期

らっきょうで生産量が多いのは鳥取産や鹿児島産で毎年4月頃から出荷が始まり7月頃まで続きます。

産地によって収穫は多少ずれるのですが一般的な らっきょうの旬は5月と6月 でこの時期にはらっきょうを漬ける家庭も多いのではないでしょうか。

沖縄産の島らっきょうと呼ばれる種類は出荷の旬やピークは2月頃から4月位までです。

島らっきょうは普通のらっきょうに比べて小振りで香りが強くピリッとした辛さが特徴で塩漬けや浅漬けなども作られます。

らっきょうの失敗しない簡単な漬け方はこちらです。

らっきょうの健康への効果

らっきょうは中国から平安時代に薬用として日本に伝わり江戸時代には食用として食べられるようになりました。

らっきょうには強い香りがありますがあのにおいや辛みは「硫化アリル」と呼ばれる成分で抗酸化作用や活性酸素を取り除いてくれる作用があります。

ビタミンB1の吸収を助けて疲労回復にも効果があり血液をサラサラにしたり腸の殺菌や食欲を増進させる効果です。

 がんや生活習慣病の予防効果が凄い! 

・硫化アリルが体内に発生した発ガン物質を解毒する酵素を活性化し活性酸素を除去。

・抗菌作用もあってピロリ菌には効果がある。

スポンサードリンク

・血液の凝固阻止でサラサラにして動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防。

・食物繊維が豊富で便を柔らかくし排出を促す整腸作用があります。

・糖尿病や高血圧の予防や改善。

・腸内の環境を整えてダイエットにも効果。

らっきょうの健康への効果や効能は本当に様々で定期的にテレビ番組でも特集などで取り上げられる程です。

らっきょうの食べ過ぎで下痢?

醤油や甘酢につけるとあっさりしていてカリカリした食感からつい食べ過ぎてしまう事があります。

たくさん食べ過ぎて腹痛や下痢を起こしたりおならが増えると言う方も見えたりします。

らっきょうは効果や効能がとても高いので食べ過ぎには注意が必要なようです。

もちろん個人差はあると思いますが 一日5粒位を摂取量の目安 にするのが良いです。

たくさん食べ過ぎる食物繊維が豊富なだけに整腸作用が良すぎて下痢をしたりする事もあるようですが一度出てしまえばすっきりするので便秘の人は効果的かも知れません。

腹痛や下痢がずっと続く訳ではなくにんにくを食べ過ぎた時なんかと同じような感じです。
胃腸が弱い人は食べ過ぎに注意してみて下さい。

まとめ

らっきょうの旬の時期は5月から6月でこの時期に良くらっきょう漬けが漬けられます。

らっきょうは健康にも効果がありがんや生活習慣病等の予防や改善する効能があります。

一日5粒位を目安にして食べ過ぎに注意したほうが良い人もいるようです。

スポンサードリンク