魚の締め方や血抜きの方法?釣った魚の鮮度を保つ持ち帰り方!

魚の締め方や血抜きの方法と海や川などで釣った魚の鮮度を保ったまま持ち帰る方法について

解説しています。

スポンサードリンク

魚の締め方で簡単なのは?

海などで釣った魚を家に帰ってから食べる為に持ち帰る方も多いのではないでしょうか?

釣れた魚を持ち帰りおいしく食べるには魚の鮮度を保ったまま持ち帰る事が重要です。

釣れた魚の種類にもよりますが刺身などで食べるのであれば釣り上げた時に魚を締めて即死の状態にするのが鮮度を保つポイントになります。

魚を締めないのと締めた時では大きな違いはあるの?

スーパーなどの店頭に並べられた魚に比べて釣った魚の方がおいしいと感じるのは自分が釣ったからだけではありません。

 漁船などの網で捕られた魚は狭い場所にたくさん入れられて酸欠状態で暴れる為に身が傷ついたり死ぬまでの間に強いストレスが加わり身に含まれるアミノ酸(旨み成分)が分解されてしまうのが味が落ちる原因だそうです。 

釣れた魚を締めずにアイスボックスに入れると網で捕れた魚と似たような状態になる訳です。

水の入っていない氷だけのクーラーの中で放置した魚はもがき苦しむことになるので折角釣ったのに味が落ちてしまう事になります。

魚種にもよりますがもしお刺身などで釣れた魚を食べようと考えているのであればクーラーの中で暴れて身に血がにじんだり臭みが回らないように釣ったらすぐ締めて保存するのがポイントです。

小型の魚や数が多い時は氷締めが最適

浜辺や堤防で釣れる小魚やアジやイワシ、サバなどサビキで数釣りする小魚は鮮度が落ちやすいのですが一匹ずつハサミやナイフで締めていたら日が暮れます。

手間もかかって面倒だし時間がかかって釣りにならないです。

 このように小型の魚や数釣りが目的の場合は氷を入れたアイスボックスに海水を汲んで釣った魚をすぐ入れ海水の温度を利用して即死させます。 

釣り場に到着したら氷の入ったアイスボックスに海水をバケツなどで入れて釣れた魚をすぐ入れるようにします。

バケツに海水を入れて泳がしておいて死んだりした魚を後から入れても氷締めの効果は得られません。

夏の暑い時期などは魚の鮮度が落ちやすいので釣れたらすぐアイスボックスに保存しましょう。

 もし可能であれば氷を塩水で作るか保冷剤の使用やペットボトルなどで氷を作って氷が解ける時に海水の塩分濃度が下がらない工夫をします。 

海で釣れた魚を長時間水に浸けていると浸透圧の関係で魚が水っぽくなる場合があるからです。

※塩を入れた水は氷りにくいので一晩では出来ないので注意して下さい。

帰宅する時はアイスボックスの栓を緩めて底から水を抜けば軽くなって持ち運びも楽になり保冷された状態で釣った魚を持ち帰る事ができます。

お刺身で食べたり魚体がある程度の大きさがある場合

中型以上のサイズや持ち帰ってからお刺身にする場合は釣り上げたらすぐに締めて血抜きをしておきましょう。

鯛やシーバス、ハマチやヒラメなど刺身にする場合は必ず締めてから血抜きする事をおすすめします。

魚を締める道具としてナイフやハサミなどを使用します。

締める場所と締め方

スポンサードリンク

初心者にも簡単なのはハサミを使用する方法でエラを切って即死させ場合によってはエラぶたを開けて背骨を切断します。

魚体が大きかったりハサミでは手に余る時はナイフや包丁などを使用します。

魚を締める時は即死する急所を狙う

多くの魚はエラの横や尾びれの付け根が急所になります。

目の後方やエラから太い神経や血管の通る脊椎の中骨をナイフで刺して即死させます。

魚によっては強く暴れるので怪我をしないように注意しながら行います。

大型の魚は尾の付け根の中骨もナイフで刺すか切断し血を抜いておくと良いでしょう。

魚をナイフを使って締める動画です。

タコやイカは目と目を結ぶ線上に急所が合ってハサミを足と体の隙間から入れて切断しますが専用の道具も販売されているようです。

魚の血抜きのやり方

締めた後の魚をバケツに海水を汲んで締めた魚を頭から逆さに入れて放血させます。
釣り場によってはスカリ等を使用します。

血抜きをすると魚の身に血が回らず生臭くなるのを防ぐことができます。

大型の青物を刺身にする場合は血抜きをしていないと身に血が回って生臭く感じます。

鮮度が落ちやすいサバやカツオなどの青物と呼ばれる種類の魚は締めた時にえらも取り除き海水で洗ってからクーラーに入れると臭みを抑える事ができます。

クーラーに入れる時も直接氷が魚体に触れないようにビニール袋に入れたりすると更に良いでしょう。

釣った魚の持ち帰り方

氷締めにした時はアイスボックスから水を抜いてそのまま持ち帰りますが魚の硬直や変色を防ぐ為にビニール袋に入れたり氷との間にタオルや新聞を置いて直接触れないようにすると更に良いです。

中型以上の魚は新聞紙やタオル、ビニール袋で包んで直接氷が触れないように保存します。

帰宅するまでの時間が長い場合は氷を少しだけ足したりして持ち帰りましょう。

船釣りの場合にアイスボックスの中に氷を山ほど入れて魚を持ち帰る人がいますし漁船の船頭さんなんかもクラッシュアイスを山ほど入れてくれます。

 実は魚体に直接氷が触れると氷やけしたり必要以上に冷やす事によって死後硬直が早く進みます。 

アイスボックスの氷の中に直接魚を入れて持ち帰って出してみたら魚が凍ったように硬直している事を経験したことはありませんか。

持ち帰る時に急速に死後硬直させた魚は身に粘りがなくなり食感が落ちてしまいます。

魚は新鮮なものほどおいしいと考えられていますが新鮮であるのと味が旨いのとは少し違いがあります。

例えば魚を刺身にする時、締めたばかりの魚よりも冷蔵庫で10時間ほど寝かせた魚の方がおいしいと言われます。

これは魚の身が自己消化し旨味成分が増すからなのです。

※サバやイワシなどの青物は自己消化のスピードが早く傷みやすいので注意が必要です。

まとめ

魚を締める場合は小型で数がある物は氷締めにし中型以上はナイフやハサミでエラや神経を切断します。

魚種にもよりますが刺身にするなら血抜きも行っておいた方がおいしく食べられます。

おいしい魚を食べる為の持ち帰り方は足の速い青物は締めた後に血抜きも十分に行い鯛や根魚等の白身魚は締めた後に氷が直接触れないように持ち帰るのが一番ベストです。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ