吉野山の桜の見頃と開花情報!イベントやライトアップの混雑は?

奈良県の吉野山の桜の見頃や開花情報について解説したいと思います。

桜が咲く頃に行われる大きなイベントやライトアップの混雑についても解説しています。

スポンサードリンク

奈良の吉野山の桜の見頃

吉野山の桜は例年通りであれば3月下旬に開花をはじめ下千本から中千本、上千本、奥千本
と順番に開花していくため咲き始めから散るまでの期間が短い桜のお花見が長く楽しめる事
もあってとても人気のスポットになっています。

 一番最初に開花を始める下千本で麓からの標高は300m前後で一番奥にある奥千本の標高は 700m以上あり標高差からくる気温の変化で桜の見頃が変わる訳です。 

吉野山の桜の開花情報

過去3年間位のデータを見てみると4月5日から7日には桜は見頃を迎えていますので今年も
同時期には下千本、中千本の桜は見頃を迎えるのではないかと予想しています。

吉野山の桜 過去の開花情報はこちらです。

吉野山に咲く桜の品種はほとんどがシロヤマザクラという種類で数は約3万本にも達する
そうです。

その桜の木が下千本から、中、上、奥千本の4ヶ所に集中していてひと目見るだけで千本は
見えるという意味から一目千本とも呼ばれます。

山の中になぜこんなに桜が多いのか少し不思議なのですが吉野山に桜が多いのは蔵王権現の
神木であるとされたことが理由のようです。

そのため平安時代の頃から桜の苗が寄進され植えられていったそうです。

吉野山の桜の時期のイベント

吉野山は修験道の霊場として栄えた経緯もあって山にはたくさんの神社仏閣が存在します。

 桜の時期4月11日と4月12日は吉野山にある金峯山寺の蔵王堂花供懺法会(花供会式)と いうイベントがあって恐ろしく混雑します。 

花供懺法会とは蔵王権現のご神木、山桜の満開を御本尊に報告する行事で1000年の歴史を
持つ伝統法会です。

スポンサードリンク

この日は大名行列とかお稚児さん、餅まきもあるのでとても混雑する訳です。

桜の時期の土日と同様にこの日は郊外駐車場しか利用できないので国道169号線も動かない
ほどの渋滞を起こします。

吉野山の桜の時期のイベントとして一番混雑し注意が必要なのは4月11、12日の両日で
金峯山寺の蔵王堂花供懺法会が行われる日という事になります。

吉野山の桜のライトアップ

吉野山の桜のライトアップの時期は桜の開花時期によっても変更はあるのですが4月上旬
から4月下旬までです。

2015年は4月4日から4月29日まで行われていました。

ライトアップされる時間は午後18時から午後22時までとなっています。

場所
下千本エリア「七曲がり坂」
中千本エリア「ごろべえ茶屋」
上千本エリア「花矢倉展望台」付近

吉野山の桜のシーズンは午前9時から午後17時、道によっては午後19時まで通行禁止になって
います。

ライトアップの時間帯は昼の時間帯に比べて混雑は少ないのですが車は観光車道等にある個人
経営の駐車場に止めるしか方法がありません。

★吉野山付近の地図と最寄駅からのアクセスを旅ノートで見てみる★

2016年の吉野山の桜に関する交通規制は3月26日(土)から5月8日(日)までです。

詳細についての問い合わせ

吉野山観光協会 電話0746-32-1007
吉野町役場 文化観光交流課 電話0746-32-3081

吉野山の桜の時期の渋滞や混雑を避ける方法と駐車場のおすすめはこちらです。

まとめ

吉野山の桜の見頃は標高差があるので普通の場所の桜より長く楽しめます。

桜のライトアップが行われるのは例年4月上旬から4月下旬までです。

桜の時期は交通規制があるので注意が必要です。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ