潮干狩りのあさりの持ち帰り方?砂抜き方法と保存の仕方!

潮干狩りで採ったあさりの持ち帰り方について解説しています。持ち帰った後の砂抜き方法

や保存の仕方についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

潮干狩りのあさりの持ち帰り方

潮干狩りで採れたあさりを持ち帰る方法は潮干狩りに出かける交通手段によっても使い

分けて欲しいと思います。

理由は幾つかありますがあさりは持ち帰る途中に高温になる場所に保存されたりすると

弱ったり死んだりします。

弱ったり死んだりしたあさりは砂を吐かせることが出来ません。

アイスボックスなどに入れて海水につけたまま砂抜きをしながら持ち帰る場合と水を切って

あさりだけを冷やしながら持ち帰る方法があります。

車で潮干狩りに行くような場合は荷物の持ち運びも楽でしょうが電車などで出かける時は

あさりだけ持ち帰るようにした方が荷物も軽く楽な方法と言えます。

あさりを海水に浸けながら持ち帰るのは避けた方が良い?

あさりが取れた場所できれいな海水が手に入るような場合はアイスボックスなどに入れて

持ち帰れば砂抜きを同時に行う事も出来ます。

ただ潮干狩りを行う場所の多くは海水が引いた後の海岸付近の場所になり砂や泥の混じった

海水しか手に入りにくい事の方が多いです。

きれいな海水が手に入っても車で帰宅する場合は揺れや振動が強いとあさりが殻を閉じた

ままであさりが砂を出しにくい場合があります。

あさりが死んでしまうと砂を吐きませんので水道水に入れて持ち帰るのはやめましょう。

持ち帰る時は高温になる場所を避けあさりだけにする!

海水を持ち帰る方が良いという説もありますが自宅に帰ってから水道水と塩で人工海水が

簡単に作れますのでわざわざ重い海水を持ち帰らなくても大丈夫です。

水道水のカルキが強いとあさりが砂を出しにくいので潮干狩りにでかける前に汲み置きして

おくことをおすすめします。

ハイポなどのカルキ抜きを使えば短時間で簡単にカルキを抜くことが出来ます。

短時間で水道水のカルキ抜きをする方法はこちらです。

長くない時間(3、4時間程度)であれば水が無くてもあさりは大丈夫で高温(25度以上)を

避けて容器などに入れて持ち帰ります。

高温を避けるために保冷剤などを使用する場合はあさりに直接接触しないようにしましょう。

潮干狩りのアサリの砂抜き方法

潮干狩りで持ち帰ったあさりの砂抜きの手順

・あさりを目が粗いザル等に入れ水道水で表面をきれいに洗います。

・水道水を切って水道水で3パーセントの海水を作りあさりが浸る程度まで入れます。

スポンサードリンク

※水道水のカルキが強い場合は汲み置きしておき水1ℓに対して30gの塩を入れます。

ザルを使用するのはあさりが吐き出した砂を再び吸い込まないようにするためです。

しばらくすると勢いよく水を吐き出し始めるので水が飛んでもいい場所か容器の上に

新聞紙などでふたをします。

あさりは暗いところの方が砂を良く吐き出します。

丁度よい容器がない場合は食器を洗った後に水を切った食器を入れる水切りカゴなどを

利用するとふたもあって良いかも知れません。

あさりの砂抜きで失敗しない方法の動画です。


潮干狩りのアサリの砂抜きの時間

砂抜きする日の気温や水の温度にもよりますが3時間から6時間程度砂抜きすれば大丈夫です。

砂抜きしている間に水温が高温にならないように注意しましょう。

翌日まで水に浸けておく時はあさりが死なないように寝る前に塩水を換えておきましょう。

潮干狩りのあさりの塩抜きの方法

砂抜きが終わった後は料理の仕方によっては塩抜きもしておきましょう。

砂抜きが終わった後のあさりは貝の中に塩分を含んだ水を蓄えているためそのまま料理に

使うと味が塩辛くなる場合があります。

あさりを料理する1時間から2時間ほど前にザル等に写し濡れた布巾などをかけておきます。

潮干狩りのあさりの砂抜きした後の保存

砂抜きが終わったあさりは冷蔵庫の中で容器などに入れて保管すれば2日程度は生きている

のでそのまま料理に使えます。

ジップロックに入れて小分けすれば重ならず収納スペースが少なくて済みます。

長期間保存したいときは冷凍保存がおすすめです。

保存する為に一旦冷凍したあさりは解凍してから料理に使用すると貝の殻が開かなかったり

する事があります。

冷凍した後に貝殻が開くように調理するには解凍せず凍ったままのあさりを加熱調理する事

でより貝殻を開き易くする事ができます。

★全国にある潮干狩りのメジャースポットを旅ノートで確認してみる★

まとめ

潮干狩りのあさりの持ち帰り方は海水に浸けたりせずあさりだけを持ち帰るのが重くなくて

楽ちんです。

気温が高くなる時期はあさりが死なないように保冷剤などを利用しながら持ち帰りましょう。

潮干狩りをした場所の海水は持ち帰らなくても帰宅後に水道から人工海水を作って砂抜き

するのは簡単です。

スポンサードリンク