母乳授乳中のノンアルコールビールやカクテル赤ちゃんへ影響は大丈夫?

母乳を授乳中のお母さんがノンアルコールビールやカクテルを飲んだ時の赤ちゃんへの

影響は本当に大丈夫なのでしょうか?妊娠してから卒乳までの間はお酒がお好きな

お母さんにとっては辛く長い期間の始まりになります。

スポンサードリンク

ノンアルコールの母乳への影響

ノンアルコールビールと呼ばれる商品の中でも日本の法律ではアルコールの含有量が全体の

1%未満の場合にはアルコールが含まれていてもノンアルコールビールの表示が出来ます。

アルコール分が全く含まれてない商品であれば妊娠中や授乳中でも母乳にアルコールの影響

が出る事はありません。

ノンアルコールビールやカクテルであっても妊娠中や母乳を赤ちゃんに授乳している間は

飲まない方が良いという意見はおそらく日本で過去に販売されていたノンアルコール飲料と

表示されていても実際にはアルコール分が0.5%程度含まれていたりする商品と勘違いされて

いるケースではないかと思います。

現在国内のメーカーさんから発売されているノンアルコールビールは完全にアルコールが

含まれていない0%の商品が主流です。

実際にメーカーさんにも問い合わせてみましたが妊娠中の女性がノンアルコールビールや

カクテルなどノンアルコール商品を飲んでもアルコールが全く入っていないのでアルコール

成分が胎児や母乳へ与える影響は全く無いそうです。

ただメーカーさんも妊婦さんや授乳中の女性は食生活やホルモンバランスの影響を受けやすい

デリケートな時期なので飲む量や毎日飲むなどの頻度に関しては心配であれば医師と相談して

下さいとの解答でした。

当然というか予想通りの解答だった訳ですがメーカーさんのお客様相談でもノンアルコール

製品を飲む方の体質や健康状態は様々でどれだけ飲んでも大丈夫ですよ!と安易な解答は

できない訳です。

ただ妊婦さんや授乳期の女性がノンアルコール飲料を楽しむことは想定して商品が開発

されていますかの質問に対してはイエスの解答でした。

スポンサードリンク

上記の理由からノンアルコール飲料を購入する場合は本当にアルコール分が含まれて

いないかどうかをしっかり確認してから購入する必要があります。

ノンアルコールビールを飲むと母乳の味が変化する?

授乳中はお母さんが食べた物や食事によって母乳の味が変わると言うお話をよく伺います。

焼肉好きなお母さんが我慢を続けて久しぶりにタレの中にたっぷりとニンニクを入れた焼肉

を食べた後に授乳したら赤ちゃんがミルクを飲まなかったと言う話も耳にします。

ノンアルコールと表示されていてもアルコールがわずかでも含まれる商品は飲む頻度や量に

応じて徐々にアルコールが蓄積し赤ちゃんに悪い影響を与える可能性があります。

妊娠初期の段階では特に注意が必要になります。

もし間違ってアルコール入りの飲料を飲んでしまった時には?

母親が飲酒すると血液中のアルコール濃度が上昇し母乳にもアルコール成分が含まれる

事がわかっています。

アメリカでの研究結果によるとアルコール飲酒後は最低でも2時間以上お酒に弱い方や

体格などにもよってアルコールの分解能力は違うのでそれ以上の時間は授乳を避けた方が

良いようです。

授乳中のノンアルコールビールは大丈夫?

妊娠してから卒乳するまでの長い期間はお酒がお好きなお母さんにとってはとても辛い

時期が続きます。

ただそんな時期でもアルコールが飲みたいのに飲めないとストレスを感じるぐらいであれば

アルコール分が全く含まれていないノンアルコールの商品をしっかり確認してから楽しめば

大丈夫だと思います。

もし少しでも不安な場合は医師にも相談し安心してから飲むようにしてみて下さい。

まとめ

アルコールが全く含まれていないノンアルコールの製品は妊娠中や授乳中でも安心して

飲むことが出来ます。

母乳がアルコール成分によって味が変わったり赤ちゃんの体にアルコールの影響が出る

事はありません。

飲む量や頻度が心配な場合は医師に相談して安心してから召し上がって下さい。

スポンサードリンク