就活の証明写真で好感が持たれるネクタイの色や柄と結び方?

就活の証明写真を写す時に相手に好感が持ってもらえるように注意したい点が幾つかあり

ます。証明写真のネクタイの色や柄、結び方について良い印象を持ってもらえるように

詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

就活の証明写真のネクタイの色

就活は長い人生の岐路にもなりえる大事な活動です。

証明写真を写す際にスーツに合わせるネクタイの色や柄がさぞ気になる事と思います。

チョイスしたネクタイの色や柄で人に与える印象が大きく変わる場合もあるからです。

相手にどのように見られたいのか?自分はどのような人なのかをネクタイのカラーやデザイン

で印象付けられるケースもあるほどでやはり見た目の印象はとても重要な部分になります。

就活の証明写真でNGなネクタイの色とは?

白や黒の無地のネクタイは慶弔用で証明写真には向いていませんので最初から除外します。

派手な色、紫やピンクの奇抜なカラーも就活には不向きなので避けるべきです。

色だけでなく素材にも注意しニットでできた物や極端に細いタイプのネクタイは避けます。

ネクタイの色が相手に与えやすいイメージ

青は知的で真面目、勤勉さを表しビジネスマンに好まれやすい色です。

コミュニケーションを円滑にする色ともされています。

赤やエンジ色はエネルギッシュで情熱的なイメージを与えます。

証明写真や面接では赤よりエンジ系の色が好まれます。

グレーは穏やかで落ち着いた印象を与えますが新卒の就活ではフレッシュなイメージを

出しにくいので避けられることが多いです。

黄色は相手に親近感を与える色です。

薄めの黄色はポジティブで明るいイメージを相手に与えます。

実際の証明写真や就活の面接で使われるネクタイの色の約8割は青系と赤系です。

中でも就活でもっとも選ばれるのは誠実な印象を与える紺か水色と言われています。

就活を行っている方の立場で考えると多くの方と同じカラーやデザインでは目立たない

のではと考える方もおそらく見えると思います。

希望される会社や業種によっても多少違うでしょうが迷った時には現在その会社で働いて

見える方の服装をヒントにして下さい。

証明写真を添付する理由を考えていくと意外と容易に答えが見つかるかも知れません。

証明写真のネクタイの柄

柄についてもいえるのですが大きく太いストライプやドット、水玉、ごちゃついて見える

柄も避けるようにするのが一般的です。

ネクタイの柄が与える印象やイメージ

ストライプ柄

スポンサードリンク

メリハリがあり爽やかで前向きなイメージを与えます。

ストライプ柄のネクタイは種類も多くスーツとの組み合わせでセンスもアピールする

ことができます。

ドット柄

小さいドット柄のネクタイは上品で落ち着きのあるイメージ。

無地

無地のネクタイは無難で失敗がなくとてもシンプルなイメージを与えます。

チェック

チェック柄は、カジュアルで親しみやすいイメージです。

金融系の会社やドレスコードが厳しい職業はチェック柄がNGの場合があるので

注意が必要です。

細めのネクタイも多いのですがネクタイの太さは大剣の幅が8cmからプラスマイナス

1cm程度が理想的です。

通常フォーマルな席や就活では8cmから9cmの太さが良いかも知れません。

就活の証明写真のネクタイの結び方

ネクタイの結び方は以外に多種多様で全く同じデザインのネクタイをしても締め方に

よっても相手の印象は変わってきます。

ネクタイの基本的な結び方としてプレーンノット、ダブルノット、ウインザーノットの

3種類があります。

カッターシャツの襟の形やネクタイの色や柄に合わせて結び方を変えてみましょう。

一番シンプルなプレーンノットをマスターしてから他の締め方にチャレンジすると割と

簡単に結び方をマスターすることが出来ます。

就活男子のためのネクタイの結び方でプレーンノットの動画です。

プレーンノットは結び目が小さく就活を行う若者にもよく使われるネクタイの結び方

ですが結び目が小さく結んだ箇所の下の部分がきれいにならない場合があります。

ちょっとしたコツで改善できますので動画を見ながらポイントを身につけて下さい。

身長が低めで顔が小さめの方はプレーンノット、体格が大きく背も高い方は結び目が

大きめになるダブルノットをおすすめします。


ネクタイを締めた時にカッターシャツの第一ボタンがはみ出して見えないように注意

しましょう。ボタンが見えるとだらしない感じがしてしまいます。

結び目が崩れていないかまっすぐで曲がっていないかなども必ずチェックしましょう。

ネクタイピンはしなくても良いのですが気になるようであればつけても問題ありません。

もちろんあまり派手なものは避けるのが基本です。

まとめ

就活の証明写真を写す上でネクタイの色や柄が相手に与える印象について解説してみました。

ご自身が面接を受ける時の証明写真に関して少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ