じゃがいもの芽は毒性あり!子供に危険!どれ位とれば食べれる?

じゃがいもの芽に毒があるのはとても有名な話です。ただどんな毒性で子供がどれ位食べると

危険なのか?について詳しい方は少ないようです。じゃがいもに出た芽をとれば安心して

食べても大丈夫なのかについて詳しく解説しています。

スポンサードリンク

じゃがいもの芽の毒性

じゃがいもの芽に毒性がある事は皆さんご存知の方も多いのですが芽の根元の部分や

緑色に変色したじゃがいもは皮の部分にも毒素が含まれています。

じゃがいもの芽や皮に含まれる毒はソラニンやチャコニンと呼ばれる天然毒素です。

じゃがいもの芽の毒から起きる症状

個人差はありますが人が許容する量を越えると吐き気や嘔吐、腹痛や下痢、頭痛やめまい

などの症状を起こします。

じゃがいもの芽の毒の致死量とされるのは?

体重50キロの大人でソラニンやチャコニンを50 mg(0.05 g)摂取すると食中毒症状

が出る可能性があり150 mg~300 mg(0.15 g~0.3 g)を摂取すると死亡する可能性

もあるようです。

量的には食中毒になるには体重50㎏の大人が一度にじゃがいもを1㎏以上食べる計算に

なるので実際には極めて低い訳です。しかも食味は苦く強いえぐみを感じるそうです。

但し子供に関しては過去にある食中毒の例から大人の10分の1程度の量で症状が起こる

ケースもあり注意が必要なのです。

症状が出るまでの時間は食べてから30分から2時間程度で初期の症状が発生します。

じゃがいも100gに対してのソラニンやチャコニンの含有量

正常なイモでも   5~20㎎

芽の部分      200〜400mg

緑色に変色した部分 100mg以上含まれるそうです。

じゃがいもの芽の毒は子供に危険

じゃがいもの芽の毒は子供の方が食べる量が少なくても中毒になる可能性が高いので注意が

必要です。過去に起きた食中毒の例からも子供の場合20㎎程度のソラニンで食中毒症状が

発生します。小学校などの調理実習で毎年のように食中毒事件が発生しています。

その理由として保育園や小学校など学校で栽培した時に発育不足の小さなじゃがいも等が

収穫されます。発育不足の子芋はソラニンの含有量が多く中毒になるケースが多いようです。

市販のじゃがいもに含まれるソラニンの含有量は皮の部分で50㎎、過食部分100gに対して

平均1.5㎎とされています。

これに対して自家栽培で作られたじゃがいもは皮の部分には70㎎、過食部分に平均で45㎎の

スポンサードリンク

(多い場合は90㎎に及ぶ)ソラニンが含まれています。

家庭菜園などで自家栽培する場合も注意して下さい。

じゃがいもは光にあたると皮の部分が緑色に変色して毒素の含有量も上昇します。

表面の皮に傷がついたりむけたりしても同様です。

完熟した大きなじゃがいもに比べて未成熟な小さいイモは毒素の増加するスピードが

更に速いので傷つけたり光が当たる場所で保管しないように注意が必要です。

ろうそくの明かり程度でも緑化は進行し毒素が増加します。

じゃがいもの芽はとれば食べれる?

じゃがいもに芽が出た場合はその芽をきちんと取り除き芽が出ていた部分を包丁の刃の

根元等でえぐり取るようにすると良いでしょう。

緑色に変色したじゃがいもは皮をなるべく厚めにむいて下さい。

子供は大人よりソラニンに対する抵抗力が無いので緑色に変色したり未成熟な小さな

じゃがいもは避けた方が無難かも知れません。

じゃがいもの毒は加熱調理しても基本的に消えたりしません。

ソラニンには水溶性で水に溶け出す性質があるので皮をむいて良く洗ったり水に浸けて

しばらく置いたり下茹でして煮汁を捨てたりすると食中毒の可能性を減らす事ができます。

じゃがいもの芽を完全に取り除く方法の動画です。


厚生労働省のデータでも高温で調理した場合に毒素が減ったケースのデータもある

ようですが常にそうではないようなのです。

冷蔵庫で保存していたじゃがいもは油で揚げないほうが良いかも?

厚生労働省のホームページを見ていて発見したのですがじゃがいもを冷蔵で保存すると

デンプンの一部が糖に変わる場合があるようです。

じゃがいもに含まれる糖とアミノ酸が反応すると発ガン性があると言われるアクリル

アミドという化学物質ができるそうです。

家庭の冷蔵庫で長期間保存したじゃがいもはフライドポテトにしないほうが良いかも

知れません。

まとめ

じゃがいもの芽には毒性があり子供は抵抗力が低いので少ない量で食中毒の症状が出る

場合があります。

じゃがいもの毒は加熱しても消えないので芽の部分を包丁などでえぐり取り皮をむいて

水にさらす等の方法が有効です。

じゃがいもの芽の部分以外にも光が当たると表面の皮が緑化して毒の含有量が増加します。

保管に際しては光が当たらない場所に保管し傷つけないように注意しましょう。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ