お布施の表書きの書き方?名前や住所と封筒の種類はどうする?

お布施の封筒の表書きの書き方と名前や住所の記入の仕方について解説しています。

お布施を入れる封筒や水引の種類はどうすれば良いのかについてもまとめてみました。

スポンサードリンク

お布施の表書きの書き方

四十九日の法要やお盆の時期など様々な法事の時にお寺さんに来ていただいてお経を

あげていただいたお礼にお布施を用意すると思います。

お布施を入れる封筒の種類や名前や住所の記入の仕方を順番に解説していきます。

お布施は元々は奉書紙や半紙でお包みしてお坊さんにお渡ししていたようです。

お布施を入れる封筒は薄墨ではなく普通の黒い墨で記入します。

封筒の表に通常「お布施」や「御布施」と記入しその下にフルネームで法事を執り行う

施主の名前を記入します。

亡くなった方の名前ではなく法要を執り行う方の名前を記入します。

〇〇家などと省略されるケースもあるようですができればフルネームで記入したほうが

間違いもなく良いと思います。

※苗字が同じ方が沢山住んで見える地域でお盆の法要の時期等。

お布施の書き方で中袋について

中袋は表側の中心に金額を記入し裏側の左に住所と名前を記入しておきます。

お布施に書く数字の書き方は漢数字の旧字体を使用されるケースが多いようです。

書く金額の頭に「金」をつけて3万円の場合は金参萬圓也、5万円なら金伍萬圓也、

10万円は金壱拾萬圓也とします。

※あまり漢字はこだわらなくてもわかれば問題ないようです。

スポンサードリンク

圓が円であったり伍が五であっても金額に間違いがなければお寺さんに対して失礼には

あたりません。

中袋がない場合には表書きした封筒の裏側の中心から左側に金額と住所を記入して

おきましょう。

お布施の封筒の種類

お布施を白い無地の封筒でお包みする場合は水引は必要ありません。

お住まいの地域や風習によって水引の色や種類が変わるようです。

実際によく目にするのは関東地方では双銀や白と黒の水引です。

関西地方もそうですが亡くなられた方の年忌が進んだりすると白と黄色の水引も使われる

ようになります。

水引がかけられる意味はその中にある物が清浄なものであるという気持ちが込められて

いるためです。

お布施でも紅白の水引を使用するケース

・開眼法要 お墓や仏壇等を新しくつくり位牌の入魂する場合など

・建碑法要(建碑慶讃法要)宗派によってはお墓を建てた場合など

・戒名御礼・法名御礼 生前戒名を授与されたとき

まとめ

お布施の表書きの書き方は表側はお布施とし名前をフルネームで記入し中袋の表に金額、

裏側に住所と名前を書いておきます。

お布施に記入する数字は漢数字の旧字体を使用されるケースが多いです。

白無地の封筒を使う場合は水引は無くても良く双銀や白黒の水引が使用されます。

お通夜やお葬式のお布施として戒名や法名を頂いた場合、封筒を分けずにまとめてお出し

するケースもあります。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ