花粉症が雨の日にひどい?症状が悪化する時の原因と対策!

花粉症の症状が雨の日にひどくなると感じている方が見えます。雨の日に症状が悪化する

場合の原因や対策について解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

雨の日に花粉症が悪化する原因

雨の日には花粉の飛散が軽減されるために花粉症の症状が楽になると言う人が多い反面で

雨が降ると逆に症状が悪化すると感じている人も少なからずいるようです。

花粉症が雨の日に悪化する原因

花粉症が雨の日に悪化する原因として考えられるのは気圧の低下です。

良く晴れた日に比べて雨が降る日は気圧が低くなります。

気圧が下がると体内にヒスタミンと呼ばれる物質がたくさん分泌されることになります。

体内にヒスタミンが増加する事でアレルギー物質に対しての反応が敏感になる事が

考えられます。

気圧の低下とヒスタミンの増減については個人差があって雨の日に花粉症の症状が悪化

すると感じる方は気圧が低下することに対してヒスタミンの増加率が高い方に起きる

症状ではないかと考えられます。

花粉症の時期は雨で気温が低下する

気圧の変化だけでなく花粉が飛ぶ時期によっては雨が降ると気温が低下します。

気温が低下する事でくしゃみや鼻水などの症状が出やすくなるケースも考えられます。

しかも雨の降り始めは空中に飛散している花粉を地上に降ろし地面に堆積したり浮遊

している花粉を鼻や口の高さに舞い上げる可能性もあります。

花粉粒子の密度が高い空気を吸い込むことによって症状が悪化するケースも考えられます。

雨の日は副交感神経が優位になり易い

雨の日は副交感神経が優位になり易くアレルギーの症状が出やすくなる可能性があります。

外出したりしないで屋内にこもっていても天気が悪くて暗い様子や雨が降るのを目視する

事で神経のスイッチが切り変わり症状に敏感に反応するのかも知れません。

カビやダニなどのハウスダストが加わる?

湿気の上昇に伴ってのカビの増殖も考えられますし雨が降り強い風が吹くことにより

換気口から建物の中に空気が逆流する時に換気口や通気口の中のたまっていたカビの胞子、

チリやほこりが部屋の中に入り込むことがあります。

花粉症でダメージを受けている場合は些細なことでも症状が悪化しやすいようです。

元々受けたダメージが累積している

花粉症が重度になると必ずしも花粉の飛散量と症状の重さは相関しないようです。

スポンサードリンク

つまり花粉の飛散する量が2倍になったから症状のひどさが2倍になる訳ではないようです。

もちろん大量の花粉は症状を悪化させますが少量であっても積み重ねられると重症化する

傾向にあります。しかも一度、重症化すると少々花粉が飛ばない位では症状が変化しなく

なる傾向もあるようなのです。

花粉症が雨の日にひどい時の対策

雨の日でも気を抜かずマスクやメガネを着用し外出しない時でもうがいや手洗いを

定期的に行う。

換気扇や通気口にフィルターを設置する。

室内の掃除の徹底や空気清浄機の設置を検討する。

薬の服用やアレルゲンの再チェック

その時期に何がアレルゲンになっているのかを特定する必要があります。

数年前に花粉症の診断を受けたとしてもアレルギーの原因となる物が変化するケース

も考えられます。また花粉症だけでなくハウスダスト、カビやダニが重複して症状を

起こしている場合もあります。

症状によって有効な治療や薬剤も変わってくるので症状に変化が出た場合は

自分自身で勝手に決めつけず医師の診断を受けるのはとても重要なことです。

処方してもらう薬が変わっただけで雨の日に花粉症に苦しまなくて済むようになった

方もたくさんいます。

花粉の室内への侵入経路

窓や換気口からが60%

洗濯物や干した布団からが37%

帰宅時の衣服や髪の毛などが3%というデータがあります。

雨の日だけに限らず換気口などへの対策は症状を軽くするポイントとして重要です。

花粉症の雨の日の換気

雨の日は花粉の飛散は少なくなりますが全くない訳では無いようです。

ただ雨の日の翌日には通常の日に比べて花粉の飛散が増加する事も分かっています。

家の中に花粉を貯め込まないように換気をしながら掃除をするのはとても良いことです。

但し窓を全開にしたりするのではなく換気扇なども利用して窓の開放も半分以下にとどめて

レースのカーテンなどを利用しながら上手に換気を行いましょう。

雨の降り始めは地上に落下した花粉や空中を漂う花粉が地面に落下して来ます。

雨の日に換気を行う場合は雨の降り始めを避けて行うようにしましょう。

まとめ

雨の日に花粉症の症状が悪化する原因は気圧の変化や気温の低下、副交感神経の優位

などが考えられます。

雨の日であってもマスクやメガネの着用やうがいや手洗いを怠らないように対策する。

雨の日の換気は雨の降り始めを避けて行うのがポイントです。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ