花粉症お風呂で症状が悪化?くしゃみや鼻水がひどくなる原因?

花粉症の症状がお風呂に入ると悪化すると感じるケースがあるようです。くしゃみや鼻水が

ひどくなったり目がかゆくなったりと風呂上がりに症状がひどくなるという方も見えるの

ですがその原因とは?

スポンサードリンク

花粉がお風呂で悪化

花粉は外出する事で顔や髪の毛など露出した部分を中心に付着します。花粉症の症状を軽減

させるためには体に付着した花粉を除去する事が重要で帰宅後は家の中に花粉をまき散らさ

ないようにすぐに着替えて入浴し体から花粉を洗い直すのが有効な手段になります。

お風呂に入って血行を良くして温かい湯気を鼻から吸い込むと花粉症が原因の鼻づまりは

一時的に緩和する事ができます。

入浴する事で症状が改善する方も多いのですが実はかえって悪化すると感じる方もたくさん

いるようです。

お風呂に入るとくしゃみや鼻水が止まらない

通常は花粉症による様々な症状が入浴中には緩和されるケースが多いのですがかえって

症状が悪化するように感じている方も見えます。

くしゃみや鼻水が激しくなったり目がかゆくなるというケースです。

室内の温度に比べ脱衣所や風呂場の温度が結構低い?

お風呂のつくりや構造にもよりますが室温に比べてお風呂場の温度が極端に低いケースは

よく見受けられます。花粉症の症状が出ているという事は鼻の粘膜が敏感になっています。

暖かいところから急に寒い場所に行くとくしゃみは出やすくなるという傾向は強いですし

急な温度変化が鼻の粘膜を刺激するのが原因かも知れません。

温度差がアレルゲンになる寒暖差アレルギーのような症状が花粉症が原因で起きやすく

なるケースがあります。

入浴する前にお風呂の蓋をあけておきシャワーなどを流したままにして浴室内の温度を

上げておくことで解消できます。

脱衣所に洗濯機などがあり花粉が集まり易い場所になっている?

脱衣所はお風呂に入る為に衣服を脱ぐ場所なので衣類についていた花粉が室内にばらま

かれて空気中に浮遊しています。

掃除機をかけたり空気清浄機を使用して集まった花粉を掃除してしまうのが効果的です。

自律神経に影響される?

花粉症は自律神経にも影響されています。入浴する事で通常ポカポカと体も温められて

リラックスするのですが人はリラックスすると自律神経の副交感神経が活発に働きます。

副交感神経が活発になると粘膜の分泌が増えて血管も拡張されるので鼻水が出やすく

なったりします。入浴して副交感神経が優位になると症状が出やすい傾向が強いようです。

お風呂の温度?熱めのお湯が好き?

スポンサードリンク

熱いお湯に浸かって入浴すると体にヒスタミンというかゆみを感じる原因物質が発生します。

ヒスタミンが花粉症の症状を悪化させることがあるので42度を越える熱めのお湯には入らず

40度以下のぬるめのお湯で入浴する事を心がけると良いでしょう。

花粉症の症状がお風呂上りにひどくなる

入浴する事によって体で増加したヒスタミンのせいで花粉に対する反応が敏感になっている

ことがあります。

入浴に使用するタオルなどに花粉が付着している?

お風呂で使用するタオルや出た時に使用するバスタオル、着替えに花粉が付着している。

花粉の時期には外干しを控えて衣類を乾燥させたりやむを得ない場合は花粉の飛ぶ量が

少ない午前中に洗濯物を干すようにするのが良いでしょう。

花粉症お風呂で目がかゆい

花粉症の症状の中でも特に多いのがくしゃみ、鼻水、目のかゆみです。

花粉が飛ぶ時期になるとお風呂に入るたびに目がかゆくなる方や風呂上がりに症状が

ひどくなる方は次の事に注意して下さい。

目をこするのは良くない

かゆみが急に増すのでつい手などでこすったりしがちですが強くこすると角膜に傷が付く

可能性もあり危険です。

メイクをしたままの状態であれば化粧品自体が目に入ったりして炎症や感染症を引き起こす

原因になったりします。

シャワーや蛇口の水で洗い流す

目にゴミなどの異物が入ったりシャンプーなどが入って目にかゆみを感じる場合は水道水で

洗い流すのが良いのですが花粉症で目がかゆい場合には頻度の問題が出てきます。

入浴中だけにシャワーなどで目を洗ったりしがちですが水道の水にはウイルスや細菌を

消毒する為に塩素が含まれていて頻繁に目を洗うと目の表面を傷つける可能性があります。

※コンタクトレンズを使用している時は点眼液で洗い流すのがおすすめです。

本来は生理食塩水や人工涙液の使用が望ましいそうです。

目を冷やす事で症状を緩和する

清潔なタオルなどを水で冷やしてまぶたの上から目に当てるとかゆみが和らぎます。

まとめ

入浴時に花粉症の症状が悪化する場合は花粉症によって鼻や目の粘膜が敏感になっていて

寒暖差がアレルギーの原因になっている可能性があります。

室温と浴室の温度が極端に違うと発生の原因になるので浴室を温めてから入浴する事を

おすすめします。

体が温まる事によりヒスタミンなどのアレルギー物質が作られるので熱いお湯を避けて

ぬるめのお湯で入浴しましょう。

目がかゆい時は手で擦ったりせず目をギュッと閉じたり冷やしたりしてかゆみを我慢

するのが良いでしょう。

スポンサードリンク