帯状疱疹の痛みはいつまで続く?期間やピークと和らげる方法!

帯状疱疹は発症すると強い痛みを伴う事が多いのですがこの痛みは一体いつまで続くので

しょうか?ピークとなる期間や痛みを和らげる方法について解説しています。

スポンサードリンク

帯状疱疹の痛みはいつまで続く?

痛みの強さや期間には個人差がありますが通常は発疹が出てから2週間程度の場合が多い

ようです。稀に痛みをあまり感じない方や初期の段階で抗ウイルス剤による治療の開始が

早かった方の場合は強い痛みが出ずに期間も短くて済むケースもあります。

初期症状としてチクチク、ジリジリとした痛みや違和感を皮膚に発疹などの症状が現れる

前に感じる事が多く体の神経組織の中に潜んでいる水疱瘡のウイルスを加齢や体力の低下に

伴って抑えていることが出来なくなり神経を傷つけながら体の表面に出てくる時に強い

痛みを感じます。

夏に発症する事が多いようですが症状は一年中起こり私のケースでは2月に発症しました。

体に違和感を感じたのが金曜日で背中にチクチク、ピリピリとした麻痺症状のようなものが

あり整形外科を受診しました。

この時に帯状疱疹の診断がされないまま帰宅して翌日の土曜日の夜から痛痒いような発疹が

出始め整形外科で痛み止めに処方された薬が体に合わず薬疹がでたのかと勘違いした程です。

日曜日には眠れないほどの痛みを感じるようになり月曜日には病院に駆け込みました。

痛み止めの点滴を1時間以上受け入院を勧められたが通院で5日間点滴を受けに通いました。

スポンサードリンク

帯状疱疹の痛みの期間

私の場合、帯状疱疹の痛みのピークは皮膚に症状が出始めてから3日間位続き夜も痛みで

眠れない程でした。

抗ウイルス剤の治療によって幸い発症から1週間程度で強い痛みから解放され徐々に

和らぎ楽なっていきました。

初期の対応が遅れたり激しい症状が出た場合はいつまでたっても痛みが取れずに後遺症と

して残ってしまう事もあるようです。

帯状疱疹が発症してから3ヶ月以上経過しても痛みが残っている場合を帯状疱疹後神経痛

と呼び後遺症を残さない為にも症状が出たら早く処置してもらう事が重要です。

帯状疱疹の痛みを和らげる方法

処方された薬を使用法を守って忘れずに服用します。痛みがピークの時にはジリジリと

焼かれるような灼熱痛があるので冷やした方が良いように感じますが体を温めた方が

痛みを抑える事が出来ます。

お風呂に入って体を温めると一時的に痛みが和らぐのは帯状疱疹のウイルスは熱に弱く

40度以上では活動できなくなるためです。

※皮膚の患部をこすると化膿する事があるので入浴時はこすらないように注意して下さい。

帯状疱疹後神経痛の症状がある場合は整形外科、麻酔科、ペインクリニックで局所

麻酔薬やステロイド薬で痛みの伝達をブロックする神経ブロック治療法で痛みを和らげる

事が出来ます。

まとめ

帯状疱疹の痛みは発症してから1週間程度続き徐々に治まっていきます。

私の場合の痛みのピークは発症して3日目でそれから5日間程強い痛みが続きました。

帯状疱疹は体を冷やすより温めた方が痛みを和らげることが出来ます。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ