乳児が発熱しているのに足がとても冷たい!対処の方法とは?

乳児が風邪などで発熱しているのに足だけがとても冷たい事があります。

体が寒いのかブルブルと小刻みに震えているような時には温めてあげるべきか

冷やしてあげるのが良いのか対処の方法について解説しています。

スポンサードリンク

乳児の発熱が始まる時は足が冷たい

赤ちゃんは発熱し始める段階では頭やおでこ、体はとても熱いのに手や足だけが驚くほど

冷たい時があります。

体は熱があってとても熱いのに手足が冷たい原因は発熱が始まったばかりでまだ熱が

上がりきっていない可能性が高いです。

体内に侵入したウイルスと闘い、ウイルスの苦手な高温の環境を作る為に発熱する訳です。

この時には手や足から体の熱を逃がさないように毛細血管を収縮させるので手足がとても

冷たくなります。

赤ちゃんの発熱が続き体温が上がるにつれて手や足などの体の末端にも熱が運ばれて

手足も次第に熱くなって行きます。

発熱が始まっても手足がまだ冷たい段階では赤ちゃんも寒気を感じている場合が多く

発熱が止まるまでは毛布を掛けたり靴下を履かせて温めてあげるのが良いでしょう。

熱が上がりきってしまうまでは体を冷やしたりするのは逆効果になります。

赤ちゃんは高熱なのに足だけ冷たい

赤ちゃんの発熱するのが終わり熱が上がりきってしまうまでこの状態が続きます。

熱が上がりきりこれ以上の発熱が無い状態になるとやがて手足も熱くなり次第に汗を

かくようになります。

高温になった体の熱を下げる為に汗をかき、手や足から放熱を始めます。

この時には赤ちゃんの体を冷やしてあげて下さい。

冷やし過ぎは禁物

ビニール袋を二枚重ねにした袋の中に水道水を入れて首や脇の下、太ももの付け根

などを冷やしてあげます。

スポンサードリンク

保冷剤やアイスノンを使用する時は直接肌にあたらないように注意して下さい。

汗をかき始めたらこまめに拭きとってあげて汗で冷えたりしないように心掛けて下さい。

汗で失った水分の補給も忘れずにしてあげると良いでしょう。

乳児の熱への対処

生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんから免疫をもらっているので発熱を起こしにくい

ようです。

生後2,3か月の乳児が発熱した場合は早めに病院で受診する事をおすすめします。

お母さんからの免疫が弱くなる5か月頃から風邪などにもかかり易くなります。

いざという時のためにも日頃から赤ちゃんの平熱を知っておくと良いでしょう。

基本的に赤ちゃんは大人よりも体温が高く通常、36.5度から37.5度あるのが普通です。

発熱が始まって熱が上がりきるまでは体を温めてあげ発熱が止まって汗をかき始めたら

冷やしてあげます。

水分補給にも気を配りかいた汗はこまめに拭き取ってあげます。

急な発熱で高温を出したりした時には熱性けいれんを起こす場合があります。

2,3分で治まるのが普通ですが長く続く場合や頻発する時は医師の診断を受ける

ようにします。

抱き上げてゆすったりせず、吐物で窒息しないように横向きに寝かせます。

他にも発熱以外に嘔吐を繰り返したり呼吸が苦しそうな場合や発疹や水ぶくれ等の

症状を伴う場合は医師の診察を受けましょう。

お母さんだけで判断がつかない時は小児救急電話相談でプロに相談できます。

「♯8000」をダイヤルして小児科医師や看護師に病院の診療を受けるべきか迷った

時に電話で相談ができます。

まとめ

乳児の発熱で足が冷たいのは熱が上がりきっていないケースに多い。

発熱が止まるまでは温めて熱が上がりきって汗をかき始めたら冷やしてあげます。

普段と様子が違ったり心配な場合は「♯8000」をダイヤルして小児救急電話相談を

利用してみましょう。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ