赤ちゃんのアレルギー症状はアナフィラキシー?対処の方法とは

母乳しか飲んでいない赤ちゃんや離乳食が始まったばかりの乳幼児にアレルギーの症状で

顔やお腹、手や足など体のいたるところが赤くなったり発疹や蕁麻疹が出来る場合があり

その場合の対処の方法について解説しています。

スポンサードリンク

赤ちゃんのアレルギー症状はアナフィラキシーなの?

ご自身が食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患を経験したことがない

お母さんはさぞ驚かれることでしょう。

赤ちゃんや乳幼児の中には離乳食などでアレルゲンを含んだ食品を食べる事によって発疹や

蕁麻疹等のアレルギー症状を起こす場合があります。

離乳食がまだ始まっていなくて母乳しか飲んだことがない赤ちゃんもお母さんがアレルゲン

を含む食品を食べた後に授乳する事によってアレルギー反応を示す事があります。

顔が赤く腫れ上がったりお腹に蕁麻疹が出来たり手や足に症状が出る場合もあります。

生後間もない時期から顔や体に湿疹ができ治療してもなかなか改善しないケースがあります。

成長するとともに自然と治っていく事が多いようです。

赤ちゃんのアナフィラキシー母乳で発症する事も

例えばお母さんが卵を食べた後の母乳からは卵の成分が出ます。

もしも赤ちゃんが卵アレルギーの症状がある場合にはアレルギー反応が出る場合があります。

反応はすぐに起きる場合と少し時間が経ってから反応が出たり生後数か月が経過した後に

症状が出始めるなど様々なケースがあるようです。

症状も赤く腫れたり発疹が出来たり、場合によっては蕁麻疹を伴う場合があります。

スポンサードリンク

身体のどこに症状が出るのかは様々ですが赤ちゃんだと顔やお腹が多いようです。

2,3歳までの幼児の場合は顔やまぶた足の膝の後ろや肘の内側、背中やお腹など個人差

があります。

中には過剰なアレルギー反応がでる場合があり嘔吐や下痢、呼吸困難や意識不明になり

心停止する事もあります。

突然症状が発症するケースもあり重症化の可能性がある場合は迷わず救急車の要請をします。

赤ちゃんのアナフィラキシーショックの対処

鶏卵、牛乳、小麦は症状の原因になり易く「三大アレルゲン」と呼ばれています。

それ以外にもそばやピーナッツなどの豆類やエビやカニなどの甲殻類キウイやバナナ、

もも等の果実が原因になる場合もあります。

赤ちゃんのアレルゲンを調べてどんな食品がアレルギーの原因となっているかを特定します。

現在では血液採取ができない赤ちゃんでもアレルギーテストができるようです。

腕に痛みを感じないように貼るタイプの麻酔薬を使用パッチテスト方式で腕に針を刺して

行います。

アレルゲンとなる食品が特定出来たら母乳をあげている期間はその食品の摂取を避け卒乳が

終わった後も食べないように注意するという方法と現在ではその食品アレルギーに徐々に

慣れていく減感作療法で対処する方法を選択することが出来ます。

まとめ

母乳しか飲んでいない赤ちゃんや離乳食が始まったばかりの乳幼児も食品アレルギーで

アナフィラキシーショックを起こすことがあります。

昔はアレルゲンを摂取しない治療が主流でしたが現在では減感作療法で徐々に慣れていく

治療法もあります。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ