アナフィラキシーショックの原因と症状?応急処置や対処の方法!

アナフィラキシーショックの原因と症状について解説しています。

アナフィラキシーショックの症状が出た場合の対処や応急処置についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

アナフィラキシーショックの症状と原因

アナフィラキシーショックとは発症すると極めて短い時間に全身性のアレルギー症状

が出るという生体反応です。

原因としては人によっても異なりますが主にアレルゲンとされる物質を摂取したり吸引

(吸い込む)したりする事によって起こります。

アナフィラキシーショックの原因

スズメバチなど毒素をもつ蜂に刺されたりする。

食品を食べたこと(鶏卵やソバ、ピーナツ、牛乳、小麦、エビ、カニ等)により起きる

食物アレルギー。

薬などの医薬品の投与。

ペニシリンなどの抗生物質やアスピリンなどの解熱鎮痛剤、抗てんかん薬、検査に使われる

造影剤とその他ワクチンや麻酔薬、輸血なども原因となる場合があります。

ラテックス「天然ゴム」で作られる製品に対するアレルギー。

ラテックスアレルギーがある方はバナナ、アボカド、キウイなどにもアレルギーを起こす

「ラテックス・フルーツ症候群」を併せ持つケースがあるようです。

その他

運動直後に症状を起こす場合があり運動誘発性アナフィラキシーと呼ばれています。

運動を中止すると症状が治まる事が多いようです。

クラゲや毒を持つ魚による刺傷やヘビ、ダニ、ムカデ、アリなどによる咬傷、犬や猫、

ハムスター等動物に由来するケースもあります。

アナフィラキシーショックの症状

スポンサードリンク

体全体の皮膚に出る症状

皮膚が赤くなっってかゆみが出たり蕁麻疹を発症したりします。

口の中や舌が腫れたりまぶたや唇、顔の頬が腫れあがると言った症状が出る事もあります。

呼吸器系の症状

咳や息切れ、呼吸困難などの症状。

強い腹痛や嘔吐を伴う場合もあります。

血圧が低下してめまいがしたり意識を失って失禁したりするケースの報告もあります。

アナフィラキシーショックへの応急処置

原因によっても対処の仕方は異なります。

毒のある生物などが原因の場合、毒針などが目視できる状態であれば取り除き水で洗い流す。

ポイズンバキューム等の使用が有効です。

※危険なので口で吸い出したりしようとしない事。

食べ物が原因の場合は吐き出させたり口をすすがせたり付着している場合は洗い流す。

※体からアレルゲンを引き離します。

アナフィラキシーショックの呼吸困難に対処

動かしたりしないで仰向けに寝かせて安静な体制をとるようにする。

足は少し高くしてあげる。

嘔吐の可能性がある場合は顔は横向けにして窒息を防ぎます。

症状が治まらない時は医療機関の受診や場合によっては救急車の要請をする。

呼吸困難や意識障害、血圧低下は迷わずに119番通報することをおすすめします。

まとめ

アナフィラキシーショックを起こす原因には様々なケースがありますがアレルゲンとなる

物質が体内に侵入する事によって発症します。

症状が激しく呼吸困難や意識障害を伴う場合は救急車の要請をおすすめします。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ