しめ飾りはいつまで飾る?外した後の処分の仕方について!

お正月に玄関や神棚に飾るしめ飾りやしめ縄はいつまで飾る物なのか、外した後の

処分の仕方や方法について解説しています。

スポンサードリンク

しめ飾りはいつまで飾る関西では?

関西や関東、地域によって多少、飾っておく期間が違うケースがあるようです。

しめ飾りを作る新しい藁には古い年の不浄を払うという意味があり裏白には長寿、ゆずり葉は

子孫繁栄、橙は家族の繁栄の願いが込められています。

神様を迎える清浄な場所を示す為に飾るもので玄関に飾る事によって災いが外から入る事を

防ぐといわれています。

クリスマスが終わってから12月28日までに飾りつけを終了し一般的には1月7日の七草粥を

食べた後の午前中(縁起を担ぐ)まで飾る事が多いです。

14日(小正月の前日)や15日の小正月に外す地域もあるようですが最近は1月7日までを

松の内と呼ぶ地域も増えていて昔のゆったりした風習は時代の流れと共に次第に簡略化

されて行くのがトレンドのようです。

しめ飾りを外した後

1月14,15日まで飾るのであれば外してそのままお住まいの地域のどんど焼きや

左義長などでお焚き上げをしてもらうのが良いでしょう。

7日に外すのであれば外した後に燃やしてもらうまでの期間きれいな紙などに包んで

スポンサードリンク

保管しておきます。

「お焚き上げ」や「古神札納め所」がある神社仏閣でどんど焼きや左義長が行われるまで

預かってもらえる場合もあるようです。

しめ飾りの処分の仕方

ほとんどの地域でどんど焼きや左義長が行われるのですが最近では野焼禁止やダイオキシン

等の環境問題もあって神社もお札やお守り以外は納められない所や左義長、どんと焼きを

廃止する地域もあるようです。

左義長に出し忘れたり神社仏閣でも処分していただけない場合は自治体に問い合わせて

みたところ不燃物と可燃物に分けてゴミとして出すように広報しているそうです。

バチが当たりそうで気がひけると伝えると

その場合はビニール袋などに入れて塩で清めてからお出しするとよろしいかと思います。

と教えてもらいました。

しめ縄やしめ飾りは良いのですが門松などは大型ゴミに分類される地域もあるのでお住まい

の市町村で確認してから処分するのが良いと思います。

まとめ

しめ飾りは12月28日から1月7日の午前中まで飾られることが多いようです。

外した後はきれいな紙などで包んで保管するか焚き上げが行われる場所に預けます。

個人で処分する場合はビニール袋等にいれて塩でお清めをしてから不燃物と可燃物に

分けてゴミとして処分してもらいます。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ