初詣はいつまでに行く?意味や由来は?喪中の期間はどうする?

初詣にはいつまでに行けば良いのか?初詣の意味や由来について解説しています。

お正月と喪中の期間が重なってしまった場合にはどうしたら良いのかについても

まとめてみました。

スポンサードリンク

初詣はいつまでに行く松の内という意見

初詣にはいつからいつまでに行くという明確な答えは無いようです。

お正月の雰囲気を味わいたいのであれば三が日に出かけるのが良いかも知れません。

松の内はお正月なのだから松の内なら問題ないのではとおっしゃる方も多いようです。

お正月の松の内の期間

江戸時代に徳川幕府の影響が強かった関東地方では1月7日までが松の内で関西では

1月15日までが松の内と考える地域も多かったようです。

時代が進んだ今では1月7日までを松の内と考える方が増えている気がします。

初詣の意味や由来

初詣とはその年初めて神社やお寺に詣でることです。

日本には昔、新しい年があけても家族が平穏に暮らせるようにと一家の家長が地域の

氏神様の社に籠り神様に祈願をするという風習がありました。

大晦日の夜から元旦にかけて神社で年籠り家族の平安を祈願する訳です。

大晦日にはおおつごもりという読み方もあり一年の最後の日に年が明けるまで神様に

祈願したのが初詣の由来ではないかと言われています。

初詣は新年になって初めてお参りすることです。

除夜詣は大晦日の夜にお参りすることです。

元旦詣は元日の朝にお参りすることです。

二年参りは大晦日の深夜から新しい年にまたがってお参りすることで除夜に一度参拝して

一度家に帰り、元旦になり再び参拝するという形式をとる事も有るようです。

この二年参りは普通の参拝に比べてより功徳が積めるといわれ現在でも行う人が多い理由

になっているのかも知れません。

スポンサードリンク

初詣の喪中の期間

昔から神社には忌中に入ってはいけないという風習がありました。

現在に至るうちに喪中と忌中の意味を勘違いされるケースが増えているようです。

喪中と服喪期間は「忌」の期間と「服」の期間に分かれます。

忌とは、死を畏れ忌みはばかるという意味があり派手な事を控え身を慎む期間のことで

もっとも血縁の濃い父母、配偶者、子の場合で最長50日です。

この期間は祭礼行事への参加、神社へのお参り、結婚式や祝賀会など祝い事に参列したり

主催すること、行楽・旅行、家の新築・増改築・大きな買い物などのはれごとを控えます。

喪中の期間

悲しみの気持ちは50日を過ぎたからといって癒えるものではなく普段どおりの気持ちに

戻るための期間が必要です。

そのための期間が「喪中の期間」「服喪期間」ということになります。

この期間の長さはあくまで本人の気持ち次第ということになりますが、大体は三ヶ月から

半年くらいまでが目安といわれています。

地域と宗派により多少異なり父母の場合は一年間、祖父母の服喪期間は半年とされています。

忌明け50日の期間を過ぎて「服の期間」に入っていればお寺に限らず神社に初詣されても

一向に構わないとされています。

もし気になるようであれば初詣をお寺で行えば良いと思います。

初詣は神社やお寺どちらでもできます。

成田山新勝寺の初詣の様子です。

まとめ

初詣はいつまでに行くのか明確な決まりはありませんが松の内に行くのが良いと考える

方が多いようです。

初詣の由来は年籠りという風習が変化したものではないかと考えられています。

喪中で気になるのであらばお寺に参拝することをおすすめします。

スポンサードリンク
ツールバーへスキップ